いつもの冷しゃぶが しっとりやわらかに! 「みょうが豚」

 お酒と料理と食べ歩きをこよなく愛する、食ブロガーのツレヅレハナコさん。
これまでにお店や料理研究家から教わってきたレシピは数知れず。彼女が紹介した「桃モッツァレラ(内田真美さんのレシピ)」や「味噌バター白菜鍋(重信初江さんのレシピ)」は、ネットで大きな話題となりました。
そんなハナコさんが『SOLO』のために、夜遅く帰ってきて一杯やりたいとき、一人でもすぐに作れるおつまみと常備菜のレシピを教えてくれる連載です。

グラグラゆでる&氷水で冷やすはやっちゃダメ!

 子どもの頃、わが家の食卓には「冷しゃぶ」がよく並んでいました。
豚肉の薄切りを熱湯にくぐらせて氷水で冷やし、ごまだれをかけた料理。
実はコレ……ものすごく苦手だったのよー!(お母さん、ごめん!)

 ぐらぐらと沸いた熱湯に肉を入れるので、赤身は縮みまくり。
さらに氷水に入れるので、脂は固まりまくり……。
熱湯地獄から氷水地獄……なんてかわいそうな肉!
最近、「ステーキは肉にストレスをかけないよう低温で焼きましょう」と言われますが、冷しゃぶ肉にかかるストレスなんて、その極致のようなもの。

 でも大人になり、自分で冷しゃぶをつくるようになったら、その素晴らしさに目覚めましてね。
な、なんておいしいんだ……冷しゃぶ!!
その秘密は、ゆでる温度冷まし方。
シンプルな料理だけに、この2点に気を付けるだけで格段の違いが出ます。

ツレヅレハナコ ひとり呑み ソロ おひとりさま おいしい冷しゃぶレシピ©ツレヅレハナコ