Loading...

おひとりだけどひとりじゃない!コンセプトシェアハウスで充実した共同生活を

千葉こころ おひとりさま シェアハウス PROPedro Ribeiro Simões

自由気ままなおひとり暮らし。インテリアにこだわったり、時間を気にせず過ごせたりと、ひとりならではの開放感が得られますよね。でもその反面、話し相手がいない、ひとりの時間を持て余すなど、ひとり暮らしゆえの寂しさを感じることも。
とくに恋人と別れた直後や仕事でツラいことがあったときなんかは、「おかえり」の一言が恋しく感じてしまうもの。そんな、ちょっぴり人恋しさを感じているおひとりさまには、“シェアハウス”がおすすめです。
ただおひとり同士が集うだけと思いきや、最近では住人同士が家族のように交流を深められたり趣味を満喫できたりと、さまざまなスタイルのシェアハウスが注目を浴びています。そこで今回は、多様化するシェアハウスと物件探しのポイントをお話したいと思います。

コンセプトシェアハウスがアツい

ひとり暮らしの空間は維持しつつ、リビングなどの共用スペースでほかの居住者と交流を計れるシェアハウス。同棲やルームシェアのような煩わしさはないのに、ひとり暮らしの寂しさを感じることもない、程よい距離感が人気のようです。
また、ひとり暮らしをするよりも、敷金礼金などの初期費用や家賃、光熱費などが安くなることが多いのもポイントのひとつです。

これまでシェアハウスというと学生が借りるイメージが強く、どこも似たり寄ったりといった雰囲気がありましたが、最近はテーマに沿ったライフスタイルを送れるような設備の整った「コンセプトシェアハウス」が続々と登場しています。
たとば、語学力アップを目指す“国内留学シェアハウス”。海外からの留学生と共同生活を送りながら生の外国語と触れ合うことで、語学力を身につけられるというもの。ただ日常的に会話をするだけでなく、学習会や発表会を定期的に開催したり、それぞれの国の文化を体感できるパーティを行ったりと、日本国内にいながら留学しているかのような経験が積めるシェアハウスとして人気を博しています。
ほかにはどんなコンセプトシェアハウスがあるのか、いくつかその特徴をみてみましょう。

・ダイエットができるシェアハウス
定期的に行われる体重測定の増減に応じて家賃が変動したり、共用スペースにトレーニングマシーンが置いてあったりと、ダイエットに励みやすい環境が整ったシェアハウス。管理栄養士による健康的なダイエット食を提供してくれるところやフィットネススタジオが完備されているところ、プロのエステティシャンによる美容講習が受けられるところなどもあります。

・ナチュラル志向のシェアハウス
家庭菜園や農業などで自給自足をして、有機野菜や無農薬野菜を日々の食卓でいただけるシェアハウス。農家のかたが指導してくれたり、自然教室を開催したりと、ナチュラル志向で都会の喧騒に疲れたおひとりさまに人気のようです。
ベジタリアン専用のシェアハウスなどもあるので、菜食主義なら同志と心おきなく野菜を味わえますね。

・ペットと暮らせるシェアハウス
もともとペットを飼っている人はもちろん、飼っていなくても動物好きならOK!なシェアハウス。共用部分で人と動物がくつろいで過ごせるので、癒しにあふれています。ペットを飼いたいけれど諸事情で飼えない人でも、住居者のペットと触れ合うことで動物のいる暮らしを味わうことができます。はじめからペットが住んでいて、住居者全員でお世話をするシェアハウスもありますよ。

これらのほかにも、音楽やゴルフなど趣味に没頭できるスペースがあるシェアハウスや、シングルファザー&マザー向けの協力子育てシェアハウス、LGBT当事者や理解のある人が集うシェアハウスなど、さまざまなコンセプトシェアハウスがあります。