「低温鶏レバー」

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

 まとめてつくっておけば、アレンジ自由自在! 低温でゆでた鶏レバーは、とろけるような舌ざわりです。

<材料>
・鶏レバー
※余力のある人は、長ねぎの青いところやしょうがを用意しましょう!

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

<作り方>
1.鶏レバーを切る
まずは鶏レバーを切って、血を抜きます。
でもこの前、料理研究家の土井善晴先生が「血抜きなんて必要ない。血もおいしい」と、衝撃の発言をしていたので、チャレンジャーな方は試してみては(私も今度、やってみる!)。
鶏レバーを買ってくると、このような感じで入っていますので……

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

 ハツ(左)と、ふたつのレバー(右)に分けます。

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

さらに、レバーの血管を断ち切るように、こう切ります。
ハツも縦割りになるように切りましょう。

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

2.血抜きをする
血抜きというと、「牛乳に漬ける」とか、やたらめんどくさい方法が多いのですが、私のオススメは「ボウルでぐるぐる血抜き」!
これねー、簡単なのに確実に血が抜ける(達成感!)。

 大きなボウルに水を張ったら、切ったレバーを入れ、手で一方向にかき回すだけ。
遠心力で、じゃんじゃん血のかたまりが抜けます。
何度か水を変えて、かたまりが出なくなるまでやりましょう。
ハツは、流水で洗うとキレイになりますよー。

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

3.ゆでる
鍋にお湯を沸かしたら、水気を切ったレバーを入れます。

ツレヅレハナコ ツレヅレハナコ

 そして、もう一度お湯が沸騰したら、火を止めてふたをする。
このまま15分ほど放置したらできあがり~。

 ちなみに私はお湯だけでゆでてしまうけど、
レバーが苦手という人は、長ねぎの青いところや、しょうがの薄切りを一緒にゆでると、よりくさみのない仕上がりに。

<食べ方>
ゆでたての温かいうちに、塩をつけて食べる!
鶏レバ好きにはコレが最高ですが、好みの香味野菜(パクチー、細ねぎ、しそ、みょうが、しょうがなど)と和えて、ポン酢や、塩+ごま油などで和えると料理らしくなります。
みそ+オリーブオイルや、たたいた梅干しなんかで和えるのもオススメ。
うーん、焼酎くださーい!

 温かいうちにフォークでつぶして、クリームチーズ、おろしにんにくと練り混ぜて、塩こしょうで味をととのえれば簡単レバパテにも……。
もーもー、こっちはワイン泥棒!!
たんまり鶏レバーを冷蔵庫に常備したら、今夜も楽しいひとり呑みをー!

Text,PHOTO/ツレヅレハナコ

※2015年5月11日に「SOLO」で掲載しました

前後の連載記事