• sex
  • 2013.07.13

秘密を共有することで解放された孤独『自縄自縛の私』(後編)

 前編に続き、『自縄自縛の私』のヒロインに迫ります。

誰にも言えない性癖を共有することで解放される孤独

自縄自縛の私 新潮社 蛭田亜紗子 大泉りか 官能小説
by Bhumika.B

 恋人になりやすい条件として「共通の趣味がある」というものがあります。
また、恋人関係を続けていく上で「セックスが合う」というのは大切な要素のひとつです。
趣味があって、セックスが合う、となれば、まさに恋人としてピッタリ……と言いたいところですが、世の中、そうは上手くはいきません。

自縄自縛の私(蛭田亜紗子さん著)のヒロインの「私」は自らを自らで緊縛する『自縛』という性癖の持ち主。
そんな、誰にも言えない性癖を持つ「私」の唯一の理解者がインターネットを通じて知り合ったW氏。
四十代後半の家庭持ち会社員というW氏も「セルフボンデージを愉しんでいる」という同好の志。
まさに趣味もセックスもぴったりと合うはずのふたりであるはずですが――。

 ラブホテルの部屋は、珍しくロフトつきだった。
W氏は下のベッドを使い、私はロフトを使うことにした。
ふたりでひとつのベッドに乗って、そっぽを向いたままそれぞれ自分自身を縛り上げるのは、ひどくまちがっているように思えたからだ。
(中略)
 上半身を亀甲の模様に縛り上げたあと、べつの縄を取り出し、両足首に何度も這わせて固く結ぶ。
最後に手首を後ろ手に引き絞って逆海老縛りのかたちになると、もう、私の筋肉は力を保つことができなかった。
縄に包まれた躰は、ぐにゃぐにゃに溶ける。
(中略)
 わたしはやわらかな殻になる。殻の内側には何も存在しない。空っぽだ。
 外側もいちめん、無の空間になる。
 W氏の息遣いはもう、耳に届かない。 (『自縄自縛の私』P37L10-P38L5)

 残念なことにそれは『自縛』なのです。
自縛に必要なのは自分の身体と縄。
寄り添うことはできても、交わることはできません。
しかし、W氏と秘密を共有することで、「私」の、孤独は、少しだけ解放されたようにも思えます。

「本当の私」分かってもらいたい気持ち

 そう。なぜわたしたちが孤独なのかというと、誰も「本当の私」をわかってくれていない気がしているから。
そして今、ツイッターで「本当の私のエトセトラ」を呟くことで、皆、それを解消しています。
が、それが性癖問題となると、メンヘルツイートには優しい友人たちですら、
「そこまでして男のフォロワーの気を引きたいのか」と叩かれたり
「下品だから見たくない」とリムーブされてしまいそうで、つい尻込みしてしまうことでしょう。
また、おちんちんと呟いただけで「おちんちんびろーん」とかなりの確率で返してくる某アカウントも目障りな存在ですし、 リスク管理の問題からいっても、オススメはできません。
いくらレイプ願望があるからといって、「レイプとか誰かして」とか超危険!  だからこその女子会の出番です。ぜひ一度、『性癖カミングアウト女子会』をしてみてはいかがでしょうか。
「あのコってばお高くとまってると思ったのにおしっこが掛けられたいだなんて……」
「シンプルなのが好きって言ってるくせに3Pだなんて本当は贅沢なのね」などといった、女友達の別の顔が見えてより絆が深まること間違いなし……かも……しれません。

自縄自縛の私 新潮社 蛭田亜紗子 大泉りか 官能小説

自縄自縛の私
著:蛭田亜紗子
新潮社

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
6月特集
5月特集
SEX新連載

関連キーワード

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話