• sex
  • 2014.07.25

「セックスフル」と「セックスレス」あなたはどちらに属していますか?/Z=ラブライフ格差社会


 前回の「Y=ヤリ損/NO MOREセックス泥棒!ごきげんなセックスをするための4つの心構え」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」
今回のテーマは、「Z=zone(ラブライフ格差社会でアップグレードする方法)」です。

ラブライフ格差が広がっています!

OLIVIA ラブライフ A to Z
Holly.


 A(愛撫)から始まった連載も、今回のZ(ゾーン)で、最終回となります。
「ラブライフのAtoZ」1st stageから2nd stageまで、よくネタ切れもせずに、連載を続けられたと我ながら感心します。それもこれも愛読してくださる読者の皆様のおかげです。

「女性がもっとごきげんに、セックスを楽しんで欲しい!」という思いから、今までメッセージを発信してきました。
最後にお伝えするのは、あなたのラブライフをアップグレードする方法です。

 私は、セックスカウンセリングやセックス・コミュニケーション講座を通して、様々な女性とお会いする中で、あることに気づきました。
それは、ラブライフにおいて格差社会が広がっていること。

 セックスカウンセリングでお悩みを相談される方は、「パートナーとのセックスが上手くいっていない」女性がほとんどです。
「セックスレス」や「パートナーの性機能が弱っている」など、どちらかがセックスに不満を感じ始めると、それが問題となります。

 それに対して、セックス・コミュニケーション講座を受講される方は、マイナスをゼロにしたいお悩み系の方よりも、「彼とのセックスをもっと充実させたい!」「彼が受講してきなよって、申し込んだんです」「結婚が決まったんですが、将来、セックスレスになりたくないから今のうちにセックスのことも見直そうと思って」など、プラスをさらにプラスにしたい前向きな女性たち。
さらに付け加えると、20代~50代の「そのままでも十分に魅力的な女性」がさらにセックスに磨きをかけようと受講されているのです。

 そして、私が仕事を通して、あまり接することのない「そもそもセックスに興味がない女性」「セックスはしたいけど、する相手がいない女性」「セックス云々よりも恋がしたい女性」の存在も見逃せません。
その傾向は、講座を開講し始めた2008年から現在に至るまで、顕著に表れてきています。
今後も「セックスを楽しめない女性」と「セックスをもっと楽しみたい女性」の格差は、どんどん広がっていくのではないかと心配になってしまうほどです。

理想のラブライフモードにチューニングすることが大事


 Zone(配置領域)を区分することをzoning(ゾーニング)と言います。
今、あなたは、どのzoneに属していますか?
今のzoneに満足していますか?

 もし、少しでも今のzoneに満足していないなら、あなたの望むラブライフに近づくよい方法があります。
それは、「自分の望むラブライフを営んでいる女性と仲良くなること」

 これって、意外と頑張らないとできないことなんですよね。
女性は、似た者同士で仲良しグループをつくることが多いので、素敵ビッチは素敵ビッチ同士、「いいオトコいないかな」と言っている人は、同じく「いいオトコいないかな」と言っている人とつるんでしまうもの。

 しかも、似たような境遇で気が合う仲間は、とっても居心地がよいので、類友グループから抜け出せないんです。
でも、ここで勇気を出して、自分の理想とするラブライフを営んでいそうな女性の話を聞いてみてください。

 例えば、「セックスレス」の対極にある「セックスフル」な女性の話を聞けば、セックスレスを解消するヒントになるだろうし、「彼氏が途切れない女性」の話を聞けば、「恋愛を始めるコツ」を知ることができるかもしれません。

 私は、深刻な夫婦のセックスレス相談を受けたりすると、「愛とは…」「セックスとは…」「夫婦とは…」と嘆きのカオス状態になります。
そんな時は、セックスフルな仲良し夫婦のおうちにお邪魔して、ふたりのラブラフな様子を舐めまわすように味わい、癒され、「やっぱりラブライフって、大切よね!」と自分を奮い立たせます。生身の人間の“気”を感じることで、自分の思考も前向きになります。

 身近に理想とする女性がいない人は、愛が溢れるラブログ(パートナーとの性生活を健康的に書き記しているブログ)を読んだり、感情移入できる恋愛映画を観るのも効果的です。

 マイナスを見つけるのではなく、プラスを見つけるための「人のふり見て、わがふり直せ」。
自分の思考を「理想のラブライフ」モードにチューニングする癖をつけておくのは、とっても大事なことなんです。
あなたのラブライフが、さらにグレードアップしますように!

 次回は、まとめのエピローグ「ずぼらでもセックスで愛される女性の秘密」です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら