• sex
  • 2016.09.29

自分史上ベスト騎乗位はポジション微調整で手に入れよう!バテない動き8パターン(実践編)

AMでも大人気!Betsyさんの騎乗位レクチャー最新版です。今回ご紹介するのは女子が疲れない騎乗位の具体的なやり方8種!普段正常位は男性におまかせしているからここはがんばりどころ!でも実際動くのは疲れるしバテてしまう女性のためのずぼらセックス論です。

Betsy 素敵ビッチ 騎乗位 ずぼら 女子by Misi


 先週のバテない騎乗位がここにある!なまけ者女子に捧ぐゆらゆら騎乗位のススメに引き続き、気持ちよくなれる騎乗位、疲れない騎乗位のお話です。4つのポイント(①なじませる、②速く動こうとしない、③バリエーションを増やす、④サポートしてもらう)を基本として、気持ちよくなれる騎乗位を実践で探してみましょう。

1 骨盤だけを前後に振る

Betsy 素敵ビッチ 騎乗位 ずぼら 女子


 おへそのあたりを支点にして骨盤を前後に振るとあまり疲れません。上手に骨盤だけを振れない人は、腰に男性の手を添えてもらって、動きをサポートしてもらうと楽になります。

2 前に倒れて体を前後に平行移動

Betsy 素敵ビッチ騎乗位 ずぼら 女子


 体を前後動かすだけで、ちんこが勝手に出たり入ったりするので、これが一番楽だと思います。ちんこの出し入れ時に膣を締めるようにするとキモチイイのでやめられません。
疲れてきたら男性に下から動いてもらいましょう。

3 上半身にしがみつき、腰だけを振る

Betsy 騎乗位 ずぼら 女子


 上半身を前に倒して、1の時のように骨盤だけを振ります。上半身は全く動かないので顔や首にキスできます。
脚の開き具合によって挿入の深さを調節できて、腰の反り具合で刺激の強さを変えられます。

4 上体を起こして腰だけを振る


 3と同じように骨盤だけを振る動きですが、手のひらをベッドに着けて、腕を伸ばして上半身を起こすと、腕にかかっていた力が軽減されて楽になります。挿入角度も3とは少し変わります。

5 上半身を起こして体を上下に


 1と同じ体勢ですが、今度は体全体を上下に揺らす動きです。膝をついているので上下運動の幅が限られてきます。激しくしたいのに動けないじれったさ!
亀頭を奥に当てたまま細かくピストンできるので奥イキ派の人におすすめです。頭をぐっと後ろに反らすと膣の前側の摩擦が増えて、速く動かなくてもしびれるほどキモチイイです。

6 足の裏をベッドにつけてM字開脚


 5の体勢から脚をM字に開脚します。脚が疲れやすいですが、太ももや下腹部に力が入っているせいか、膣に腹圧がかかっているような感覚がして膣内に亀頭がめりこむ感がいいです。
疲れやすさは脚の開き方によっても違うので、脚を思いっきり開けるだけ開いて上下運動したら、次は閉じ気味にするなど変化をつけてみましょう。足の裏をぺったりとつけたり、つま先立ちになってみたり、かかとを上下に動かしてみるなど、脚の動かし方はバリエーションたっぷりです。
手の位置も、相手の腰骨あたりに添えてみたり、ベッドに手のひらをついて体重を支えたり、自分で足首を握ったりしてみましょう。

7 前に手をついて腰を上下に


 M字開脚のまま前に手をついて腰を上下させると脚の疲れはかなり軽減されます。速く楽に動きたい時はこれ!

8 くるっと回って背面に


 背面の状態で1のように骨盤を前後に→M字開脚で体を上下に→相手の脚の間に手をついて腰を上下に。


 これは一つの例です。この通りの順番でやる必要はありません。もうちょっと工夫して、上体を左右どちらかにひねってみたりしても面白いですよ。
全部試してみたけど、どれも脚が痛いという方はスクワットしてください(笑)。これまでの騎乗位記事も参考にしてみてください。

騎乗位下手あつまれ!一生使える4つの基本的な動き方
騎乗位はもっとうまくなる!誰でもイケる4つの基本型を完璧マスター
ググッて実践あるのみ!抜けやすい騎乗位を自分流の角度と動かし方で開発しよう


Text/Betsy

次回は<男のがんばりを無駄にはしない!快感むさぼる7つの「正常位」>です。
正常位はその名のとおりセックスでもっともポピュラーな体位。オーガズムには正常位じゃないと…という女性も多いですよね。あらゆる体位の中で1番よく使うポジションなのだから、性行為の満足度をあげるためにも、もっと気持ちよくなれるコツをBetsyさんが伝授してくれます。

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話