恋愛市場でモテなくてもセフレはできる!誰かの股間に刺さるジャンルに入ろう

街中でセフレに出会う方法教えて

この連載を読んでいる方から「べっつぃーさんみたいに街中でセフレに出会いたいから、出会える方法を教えてくれ」と言われることがあります。これまでにもこの連載で何度もお話ししているように、私は自分の足を使ってあちこち一人で出歩き、会話するチャンスを狙って、下ネタを使い分け釣り上げるっていう話をします。そうすると、半分以上の女性は「やってみたいけど、私はモテないし、若くもないし、スタイルも良くないから自信がない」というようなことを言うんですよね。

そんな人に対しては「ゴチャゴチャ言ってないでとりあえず街へ出なよ」と言うようにしています。私だって美人じゃないし、体も一生ポヨポヨだし、おっぱいは多少あるけど、服のセンスもないし、話し上手でもなければ人が寄ってくるような人気者でもないんですよ。でもセフレ探しに困ったことは全くないです。

というのも、セフレ市場でのカップリングって恋愛市場とは全く違うんですよ。恋愛市場でモテないと感じている人でもセフレ市場ではセックス相手が割と簡単に手に入るんです。

恋愛市場でモテなくてもセフレ探しは簡単

恋愛相手を探す時には、皆それぞれ付き合う条件がありますよね。年齢、収入、職業、性格、顔面がタイプかどうかなどです。その条件全てに当てはまることを期待していなくても、いくつかは外せないものがあるはずです。でも、セックスだけする友達を作る、もしくは今夜セックスする相手を探すとなると人選は変わってきませんか?

それに気付いたのが、年下の子とセックスしたとき。ラブホテルを出た後に軽く飲んでいると、話の流れで元カノが彼より更に年下だということが分かったんです。それで「私、だいぶ年上だけど大丈夫?」って冗談混じりに聞いてみたところ……「ジャンルが違うんですよ」ですって!!!色んな意味で衝撃を受けつつ、納得できたんですよね。

恋愛市場で出会っていたとしたら彼はきっと私を選んでいないけど、セックスだけだと考えると、私は「セックスが好きすぎるお姉さんジャンル(私に都合がいい解釈)」としてイケるってことです。

私だってお付き合いするとなると色々条件はあります。でもセックスだけなら条件なんて特になくて、ただ私の股間に刺さるジャンルであるかどうかです。「とにかく顔面がよくて雰囲気がひたすらエロい」「巨根顔」「性癖がやばそう」「大量のタトゥー&ピアス」「バンドマン」。大体こんなジャンルです。

つまり、恋愛が絡まないセフレ市場では、誰かの何かしらのジャンルに入ればどうにかなるんです。どうですか?かなりハードルが低い世界ですよね。

前後の連載記事