• love
  • 2014.09.24

モテちゃダメなの?欲望を隠さずに欲しいものを手に入れる方法/神崎恵さんインタビュー(後編)

 新刊『今まで私が出会ってきた美人たちから盗んだ絶対美人に見える秘密のワザ』『妬ましいほどすべてを手に入れている美人を分解したらこんな要素で出来ていた』が9月17日に発売される、美しい美貌を持つ38歳・ビューティライフスタイリストの神崎恵さんにモテる美容テクニックを教えてもらいました!
勝負デート、出会いの場で男性に好かれるテクニックなど、恋愛は見た目より中身などと言う前にまず読んでみてください!

前編:絶対落としたい男性とのデート前日にする5つのこと

親の顔を見て傾向をつかめ!早めのエイジングケアを

神崎恵 AM モテ 美容 デート準備


<① UVケアと保湿は早いうちから気を付けて>

─今、サイトのユーザーが20代後半から30代前半なんですけど、早いうちに気を付けたほうがいいいケアなどがあれば教えてください。

神崎恵(以下、敬称略):基本はUVケアと、保湿ですね。
紫外線は貯金なので、日々紫外線の貯金で払い戻しはないんですよ。どんどん蓄積して、バーッとでてくるので常に気をつけたほうがいいですね。
あと保湿も、保湿力が崩れると紫外線が奥まで入ったりとかすごくダメージが響きやすくなってしまうので、その2本は絶対にすること。

<② 両親の顔を見て老化の傾向をつかみ、早めに手を打つ>

神崎:それから、お母様かお父様、どちらかがたぶん骨格が似てらっしゃると思うんですよ。
なので、そのどちらか似ているほうをしっかり観察して、自分がどこがたるむのか、どこが凹むのかを考えて、早めに手を打つ。

─えー…! なるほど。

神崎:おんなじ風になってきますから。

─もう、身に覚えがありすぎて…。すごく怖いです。

神崎:もう本当に、いいお手本なんですよ。
たとえば、目がへこむとか、まぶたがたるむのであれば、目元のケアを今から手を打ったほうがいいし。
フェイスラインがたるんでくるのであれば、そこにアンチエイジング系のコスメを入れたり、クリニックにいったり。表情癖にも気を付けて、なるはやで手を打ったほうがいいです。

─早ければ早いほどいいんですか?

神崎:いいです。
たるみ、しわとかは一回でると、切ったり貼ったりしないと治らないんですよ。だから、いかに食い止めるかが勝負なので。
身近にいい将来の顔があるので、それは本当によく見て手を打っていったほうがいいです。

死ぬまで女の子を楽しみたい!

神崎恵 AM モテ 美容 デート準備


─子育てをしながらも女性らしくいる秘訣や気を付けていることはありますか?

神崎:なんか特にそうやって意識をしているわけじゃないんですけど、どうせ女の子に生まれたんだったら、死ぬまで女の子を楽しみたいなっていう、ただそういう思いだったりします。
子育てを始めて、女性としてのアンテナをしまっちゃう人がいるんですけども、どこかでは可愛くなりたいってずっと思っているし、そういう自分にへこんだりするじゃないですか。
できるだけそういう思いはしたくないからするっていう感じです。

 自分がそういう思いでハッピーでいるといい連鎖が生まれるので、そのためもありますね。

 仕事とか、恋とか、できる限り欲しいものを手に入れるためというのもあります。
女らしくいることで、出会いの幅も広がるだろうし。
自分が好きになった相手が、自分のことを好きになる確率だって高まるだろうし。
仕事だって、同じ頭だったらキレイなほうがいいじゃないですか。

─そうですね。

神崎:結局、この世界っていろんなところで比べられていくから、いかに自分を武器にしていくか、自分を守っていくか、っていうことを考えていかなければならないと思うんです。

 言葉にするとすごくあざといですけど、女性はそういうあざとさは持っていたほうがいいと思います。
それが、裏表あると周囲に嫌だなと思われちゃうんですけど、全部表だったら全然いやらしくないんですよ。
全部表でやっていくと、自分も気持ち悪くないし、見ている人もそんなに気持ち悪くないと思う。

─表にするコツってありますか?

神崎:自分がこうなりたいっていうのを隠さない。

─素直に言うってことですね。

神崎:「え?モテちゃダメなの?」とか、「モテた方がよくない?」とか言っちゃうし(笑)。
みんな変に隠しすぎてるから、その欲望が見えたときにすごいいやらしいなあって思われちゃうんですけど。

 自分で自分を認めてあげて、「自分ってこうしたいんだ」って思えたらすごい楽になると思います。

モテたいと思うのはいいこと!
好きな人に好きになってもらいたい気持ちを大切に


神崎:だって、モテといっても、女の子の大部分は好きな人に好きになってもらいたいっていう感情じゃないですか。だから私はすごく良いことだと思っています。
幸せになる確率を高めるっていうことだから、そういうのは隠さず認めていっていいと思います。

─たしかに、そうですね。モテが悪いことみたいに言われることもありますよね。

神崎:そうそう。いやらしいみたいにね。でも全然いいと思うんですよね。

産後に気をつけるケア!


<① 骨盤と体幹トレーニング>

─神崎さんはとても出産を経験したようには見えないんですけども、産後気を付けたことはありますか?

神崎:実は気を付けたことはあまりないんです。ただ、気を付ければよかったと後悔することはいっぱいあります。
まずは、骨盤を絶対しめたほうがよかったなって思います。
すごい開くんですよ。そうするとバランスが全部崩れてきてしまって、ありえない所にお肉がついたりとか、女性としてのバランスが色々崩れてきちゃうんですよ。
まず骨盤と、体幹は絶対に鍛えたほうがいいと思います。

<② 産前から気をつけたいスカルプケア>

神崎:あと産後は、髪の毛もすごくバランスを崩すんですよ。だからスカルプケアはしといた方がいいです。
私はもともと髪の毛がすごく多かったので、大丈夫だったんですけど、私の周りの人たちは40前になると薄毛の人が増えてきていますね。それがストレスであり、産後の疲れであり、そういうことでわっと薄くなっちゃう人が多いんですよ。

―それは美容院でしっかりケアしたほうがいいんでしょうか?

神崎:基本的には美容院がいいと思います。あとは、お家のシャンプーにスカルプラインを取り入れたりとか、マッサージをいれたり。
女性って髪の毛ですごく変わってしまうんですよ。
今、髪の毛事情で苦しいのは、男性だけじゃないので、妊娠する前からやっていた方がいいかなと思います。

<③ 切り捨てる強さ、甘える強さを持つ!>

神崎:あとは、メンタル部分で切り捨てたり、甘えたりするっていう強さは持っていたほうがいいと思います。
女性って全てを自分でやってしまいがちだから、そうするとすごく苦しくなっちゃうんですよ。

 なので、何にしてもちょっと抜くということを覚えておいた方がいいなと思います。
特に産後ってやることがいっぱいで、しかも自分のリズムがすごく崩れてしまって、鬱寸前とかになるんですよ。
切り捨てることや、甘えって弱いと思われがちなんですけど、子どもを1時間だけ誰かに見てもらうだとか、時間をしっかり分ける勇気は必要。
旦那さんやお母さん、誰でもいいですけど、誰かにきちんと甘えること。
自分で全部を抱え込まない強さっていうのは、仕事している女性も持っておいた方がいいなとすごく思います。
なかなか人に甘えられなくなるじゃないですか。

―なるほど。そうですよね。

神崎:それは弱さではなくて、逆に強さかなというのは思いますね。

DVDブック発売!


―最後にDVDブックの見どころやおススメポイントを教えて頂けたらと思います。

神崎:今回は、私が今まで色んな男の子に会っていて、「なんか今日かわいいね」って引きがよかったメイクをモテたい日用としてご紹介しているので、そのメイクがすごくおススメです。

 それから女の子に対して、自分を上手に武器にしていきましょうっていう感じで作っています。
それが計算であり、あざとさでもあるんですけども、自分で戦って生きていかなきゃいけないので、自分がどうしたらより売れるかっていうところを入れています。
すごく簡単にご紹介しているので、実践しやすいと思います!

 あとは、ピアスや、メガネ、ストールの、男の子がキュンとくる小物の使い方を入れてあったり、パーティーや結婚式の盛りたい日に間違えない盛り方など、充実させた内容ばかりなので是非見てほしいです。

―盛り方は間違いがちですよね(笑)。

神崎:(笑)。そういうのも含めて、モテだけじゃなく、日々の自分を楽しむ方法が見てもらえるんじゃないかなと思っています。

―見どころ沢山で楽しみですね。今夜から使えるテクばかりで、本当にタメになりました。ありがとうございました!

Text/AM編集部

神崎恵さん新刊絶賛発売中

神崎恵さん直伝!今まで見たことがないくらい可愛い自分になる方法や、「見せたい自分」を作るための応用メイクをシーン別に紹介されている『今まで私が出会ってきた美人たちから盗んだ絶対美人に見える秘密のワザ』(ポニーキャニオン)が絶賛発売中です。

「普通」と「美人」の差はたったこれだけ。すべてのメイクの基本となる「基礎メイク」を徹底的に伝授する『妬ましいほどすべてを手に入れている美人を分解したらこんな要素で出来ていた』(ポニーキャニオン)も絶賛発売中です。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら