モテちゃダメなの?欲望を隠さずに欲しいものを手に入れる方法/神崎恵さんインタビュー(後編)

 新刊『今まで私が出会ってきた美人たちから盗んだ絶対美人に見える秘密のワザ』『妬ましいほどすべてを手に入れている美人を分解したらこんな要素で出来ていた』が9月17日に発売される、美しい美貌を持つ38歳・ビューティライフスタイリストの神崎恵さんにモテる美容テクニックを教えてもらいました!
勝負デート、出会いの場で男性に好かれるテクニックなど、恋愛は見た目より中身などと言う前にまず読んでみてください!

前編:絶対落としたい男性とのデート前日にする5つのこと

親の顔を見て傾向をつかめ!早めのエイジングケアを

神崎恵 AM モテ 美容 デート準備

<① UVケアと保湿は早いうちから気を付けて>

─今、サイトのユーザーが20代後半から30代前半なんですけど、早いうちに気を付けたほうがいいいケアなどがあれば教えてください。

神崎恵(以下、敬称略):基本はUVケアと、保湿ですね。
紫外線は貯金なので、日々紫外線の貯金で払い戻しはないんですよ。どんどん蓄積して、バーッとでてくるので常に気をつけたほうがいいですね。
あと保湿も、保湿力が崩れると紫外線が奥まで入ったりとかすごくダメージが響きやすくなってしまうので、その2本は絶対にすること。

<② 両親の顔を見て老化の傾向をつかみ、早めに手を打つ>

神崎:それから、お母様かお父様、どちらかがたぶん骨格が似てらっしゃると思うんですよ。
なので、そのどちらか似ているほうをしっかり観察して、自分がどこがたるむのか、どこが凹むのかを考えて、早めに手を打つ。

─えー…! なるほど。

神崎:おんなじ風になってきますから。

─もう、身に覚えがありすぎて…。すごく怖いです。

神崎:もう本当に、いいお手本なんですよ。
たとえば、目がへこむとか、まぶたがたるむのであれば、目元のケアを今から手を打ったほうがいいし。
フェイスラインがたるんでくるのであれば、そこにアンチエイジング系のコスメを入れたり、クリニックにいったり。表情癖にも気を付けて、なるはやで手を打ったほうがいいです。

─早ければ早いほどいいんですか?

神崎:いいです。
たるみ、しわとかは一回でると、切ったり貼ったりしないと治らないんですよ。だから、いかに食い止めるかが勝負なので。
身近にいい将来の顔があるので、それは本当によく見て手を打っていったほうがいいです。

前後の連載記事