• love
  • 2014.03.27

幸せになれるヤリマン、不幸になるヤリマン

セックスに関して女の子はどんなスタンスが魅力的か?

恋愛 ファーレンハイト ヤリマン ヤリチン ビッチ セックス
©Thomas S.

 さぁ、今日はセックス・バリア・フリーに本当の恋愛の話をしようか。

 女性はめちゃくちゃガマンしていると思う。性にオープンになりにくい性別として生きている点で。

 男性の場合はヤリチン認定をされると同性から一定の敬意を獲得できるのに対し、女性の場合は少しずつ状況が変わってはいると思うが、やはりまだヤリマン認定されることは蔑称だ。
このことに端的に世間の目が現れている気がする。
厳密にはヤリチンだってオープンにすると、世間の目は厳しいのだけど、イメージ的な話だ。
ヤリマンが表だってリスペクトされているシーンはまだまだ少ない。

 さて、俺は女性にもセックスに開放的になってほしい。
そして男女で良いセックス・悪いセックスをオープンに語れるような世の中になってほしいと思っている。


 こんな現状が健康的だとは思えない。

 セックスを好きと公言すると、安易にビッチに思われる。
性欲が強いことを他人に告白するのはためらわれる。
男性にセックスの話をすると勘違いされそうで言えない。
自分が本当にしたいセックスをパートナーに対して言えない。
相手をガッカリさせたくないから感じているフリをする。
パートナーのためにがんばりたいんだけど、やりすぎると引かれないか心配になってセーブしちゃう。
経験人数が多いと男に良く思われなさそう。
無性にムラムラしたり寂しくなったりする夜があったりする。
もっとオススメのローターとバイブの情報交換を…そろそろ良いですかね?

 これには「世間」とか「バカな男目線」という複雑な問題が絡み合ってるのだけど、俺は社会派コラムニストじゃないから、”女の子はどういうスタンスが魅力的か?”という視点で語ってみます。

 俺の答えは「育ちの良さを感じさせる、教養のあるビッチであれ」です。
これはそれなりに色んな女の子を見てきた上での実感のように思います。
そして、本命にしたい女の子も同じです。

男に存在意義を救ってもらわなくても
自己肯定できてる素敵ビッチ

<ポジティブヤリマン>という言葉があります。
二村ヒトシ氏が著作『恋とセックスで幸せになる秘密』で書いたフレーズですが、自己肯定しているのがポジティブヤリマン。
自己肯定できていないのがネガティブヤリマンです。これは素晴らしい切り分けだと思う。

 そう、”素敵なビッチ”は男に自分の価値・存在意義を救ってもらわなくても自己肯定が出来ているんです。
俺が関わってきたなかでも、そういった女の子たちは「あっけらかん」としていました。
そしてセックスしたからと言って、男のものになったような顔をさせなかったし、かと言ってきちんと甘えることも知っていました。
影のなさ、それは自分の価値を相手に委ねよう、セックスすることで認めてもらおうとしていない清々しさだった気がします。
(「セックスはスポーツだよ!」と言った女の子もいました)

 念のため言っておきますが、ビッチ=誰とでもヤる女という定義ではありません。
「ヒトよりもちょっぴり経験人数多い」くらいのニュアンスで捉えてほしい。
どうでもいい男、しょうもない男とセックスする必要はない。

 だけど、必要以上にセックスをする相手の敷居を上げる必要もない。
付き合う気はないけどセックスの相性は良い。
今日はひとりで寝たくないから。誰かにくるまれて安心して寝たい。今日はハメを外して刺激的に楽しみたい。
この人が男の顔になったらどんな感じなのか?という好奇心。
女が男を利用したって良いじゃないですか。

 自分が今日の相手に対して、今日起きそうな楽しそうなことに対して、「良いじゃん」と思えたら飛び込んでいく屈託のなさが素敵な自分を作ると思うんですよ。
そこに「付き合わないと」とか「大事にしてくれるか」を持ち込むから話がおかしくなる。
”自分が魅力的だと思った男性に"素直に飛び込めない心理"について”

「いや、お前自分にとって都合いいから言ってんだろ」と思いますかね?
そう思ってもらっても別に良いですけど、そこそこ遊んできたからこそ分かるんですよ。
必ずしも恋愛感情とセックスは結びつかないけれど、恋愛感情がないセックスでも良いセックス(男女関係)があることを。
特に俺は性欲があまりないタイプなので、セックスフレンドとは違ったかたちで純粋に「お互い楽しめる関係」をつくっていく良さを知っています。
女の人がときにそんな希求を持っていることも知っています。

彼氏彼女じゃなくても一緒にいて居心地いい関係はある

 そして、セックスはコミュニケーションのひとつ、「濃厚なおしゃべり」と書いたことがありますが(※最初の夜でガッカリされる女の子たちがいる )、魅力的な男性に「彼氏じゃないから」という理由で抱かれないのは健全でしょうか?
「もっと知りたい」と思う男性が付き合ってくれるか分からないから自制するのが賢明な行為なんでしょうか?

 彼氏彼女の関係でなくても心が満たされるセックスはあるし、相手に対して自分のパートナーであることを望まないけれど(セックスを含めた)一緒にいる空間が居心地が良くて好きという関係は普通にあるでしょう。
そこで満たされる感情を見つめなおしてもいいんじゃないかな。

<性にオープン>は、ヤる/ヤラないだけの話ではない。
何でもない男女の友人関係で性について情報交換できるか?
付き合ったあともオープンにセックスについて語れるか?
もっと「良いセックス」をふたりで作っていけないか?
そういうアプローチについてはもっともっと考えていくべきだと思う。
幸せで、充実して、ずっとパートナーと付き合い続けるために。
ここは俺もまだまだ頑張り中。

 性について話題にすること、経験すること。
そこにバリアを作ってしまうこと。
それで息苦しくなること。

 そんなことをちょっとずつなくしていけたら、もうちょっと女性も生きやすくなるのにと思う。
秘め事にしなくちゃいけなくて息苦しかったり、好きな人と上手くいかないウサ晴らしに後ろめたさを持ったりしないで良いようにさ。
「世間」とか「物分かりの悪い人」をすぐに変えることは出来ないけど、自分や自分の身のまわりからそんな空気にしていくことで、全然変わると思うんだよね。

 どんなに頑張ったところで上手くいかないこともあるのが恋愛だけど、自分の気持ちや捉え方次第で変えられるものはー今回のテーマに限らずーもっとより良く変えていこうよ!というのが、俺はこれからも伝えていきたいことです。

 えっと、最後に余談なんですが、ポジティヤリマンコちゃんたちはなんか引き際が見事。
自分が付き合っている彼氏と結婚する気になると「もうそういうのはしない」とか、真面目に付き合う対象が見つかったら彼氏に一途になったり。
普通の飲みはウェルカムなままで。そっちの方でも、「これだ!」を見つけたときの屈託がなくて、清々しいと思います。
お幸せに。

ブログで「あとがき」やってます

 AMでコラムが掲載された数日内に、あとがき・こぼれたエピソード的な記事をブログで書いてます。よろしければ。


Text/ファーレンハイト

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!


ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら