• love
  • 2013.10.31

彼氏が記念日を祝ってくれない問題を考えた

男はなぜイベントを大事にせずにテキトーなのか?

ファーレンハイト 恋愛 記念日 彼氏 カップル
©by dollen

 さあ、今日はライトに本当の恋愛の話をしようか。

 彼氏持ちの女の子の大きな不満に「イベントを大事にしてくれない」というのがあるんじゃないでしょうか。
おたがいの誕生日、付き合った記念日、クリスマス、バレンタイン。

 女の子から「(イベントをテキトーにする彼氏について)どう思う?」と聞かれて「いやー、○○ちゃんのこと好きは好きでしょ」と答えるのですが、たしかにまわりを見渡しても男でこういったイベントを大事にできている人は少ない。

 ガッカリさせて申し訳ないのですが、俺もわりとそうです。
自分は女性に対してかなりマメな方で、付き合いが長くなってきたいまの彼女ともメールのやり取りを毎日楽しんでます。
でも、イベントに関してはナァナァだったりドタバタだったりすることが多い。(マジでごめんなさい)

 一般的に女の子はイベントを楽しみにするようで盛り上げてくれると「こんなに大事にしてくれてる!」と感じたり、友だちに「彼氏が頑張ってくれたんだ!」と喜びを共有(自慢)したり、「欲しいものをもらえた!」みたいなノリがあるじゃないですか。

 反面、男のテンションは上がってんだがないんだか分からないあの微妙なノリ。
そりゃ女の子怒るわ。
理由はよくわからないんだけど、男ってイベント自体にワクワクする価値観を持ってる人が少ないんですよね。ほんとに。

 がんばる人、がんばるときのモチベーションは「彼女が喜んでくれるから」の1点だけなんですよ。
自分の内発的な動機は小さい。

 ここに男と女のイベントに対する捉え方のちがいがあるし、一緒に楽しみを共有できない原因があるんじゃないかしら。
というわけで、イベントのタイミングでは「男的にはこんな感じで女性に接してくれたら嬉しいです」という提案を2つさせてください。

イベント自体を忘れている

 男ってイベント自体を忘れてるんですよ。
忘れてるは言いすぎだけど、そろそろ彼女の誕生日だなーと思いつつ、腰が重いので直前になって本気出す。
「明日やります」ノリで。
んで、段取りが間に合わずに当日を迎えてナァナァコースになっちゃうんですよね。
ほんとに悪気はないんですが。

 バッチリの段取りを組んで当日を迎える、これが出来たら彼女が喜んでくれるのは男性もみんなわかってるんですよ。
でも、わかってるのにできない。
その理由の1つはこれなんですよね。物理的に間に合わなくなっちゃうという。

 なので、リマインドいただけないでしょうか?

 社会人として培ったスキルを彼氏にも活かしていただけると男性は助かります。
最低でも1回は週末をはさむタイミングだとありがたいです。
プレゼントの準備もできます。
それより前ならディナーの予約もバッチリできます。

「ちゃんと準備しろよ、お前」という無言のプレッシャーを与えていただけますでしょうか。

 さらっと言っただけでピンと来る彼氏ならそれで動いてくれると思いますし、来なさそうなら「せっかくならどっか一緒に行けると(連れて行ってもらえると)嬉しいな」というニュアンスでやんわりと伝えてみてください。

 喜ばせたい心を上手にくすぐれるのは長期の恋愛が上手くいく鍵だと思います。
喜ばせたい気持ちすら思っていない人が彼氏なら、厳しいようですが別れたほうが幸せになれると思います。

 さて、2つ目は男性のイベントへのモチベーションについてです。

イベントがワクワクするものだという誘導

 男性はイベント自体への期待感が小さい。
でも実際に当日になったらまんざらでもないというのが本音だったりもするんですよ。
「あまり気乗りしてなかったけど、行ってみたら意外に楽しかった」って気持ちに近い。

 これは断言しますが、イベントに気合を入れて望まなかった=あなたに対する気持ちが小さい、ではないです。
単純にイベントに対するリアリティが低いことが理由だと思います。
同時に、そこで喜んでくれる彼女の顔を想像することに思いを馳せていない状態なんです。

 なので、ワクワク感を煽っていただけないでしょうか?

 行ったことないスポットに行ってみたい!食べたことない店に行ってみたい!普段のデートでもたまにあるノリだと思うんですけど、イベントをダシに提案してみてください。
それで男が「おっ。いいね!」となるように仕向けてもらえないでしょうか。

 イベント自体へのモチベーションが上がれば、当然彼女の喜ぶ顔は見たいわけだから、そこにつながる動きを取るはずです。
そうなればしめたもの。

 今回の問題は「がんばれない男がイケてない」という1点に尽きるわけですが、女性におさえておいてほしいのは「バッチリとイベントを決められる男はメチャクチャ少ない」という事実です。
だから、そこを基準にすると「おいっ!」ってなるんだと思う。


 男が意識を変える必要があることは間違いないんだけど、女性側から出来ることとして「イベント自体へのワクワク感を高める」「準備の必要な時間を逆引きしてリマインドをする」というアプローチを取ってみてくれないでしょうか。
「ふたりでつくる」という意識を持って。

 繰り返しますが、悪気は…ないんですよ。
だから、これを読んだ男性陣、俺らもがんばろーぜ。

 ちなみに俺の主観ではディズニー好き男子は数少ないイベントにマメな奴って印象があるのですが、元カレとかどうでしたか?
ちょっと気になります。

ブログで「あとがき」やってます

AMでコラムが掲載された数日内に、あとがき・こぼれたエピソード的な記事をブログで書いてます。よろしければ。

Text/ファーレンハイト

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら