• love
  • 2014.12.02

デート中の愚痴は禁忌!恋も仕事も目の前にあるチャンスを全力で掴め/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

あなたの言動はどうですか?「子供おばさん」と「大人女子」の違いを、恋愛・仕事・生活の視点で紐解きます。


デート中に愚痴ってない?


ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い デート 愚痴 仕事
by Leo Hidalgo (@yompyz)

 子供おばさんがやりがちなミスに、「デート中に愚痴を言ってしまう」というのがあります。

 もちろん、世の中うまくいくことばかりではないので、時には愚痴りたいこともあるでしょう。
もし付き合いが長く、気心の知れた恋人であれば、親身になって相談にのってくれることもありますが、会うたびにそんなつまらない話ばかりを聞かされると、「面倒くさいな」「一緒にいて楽しくないな」と思われてしまいます。
さらに、そこまでの関係を築けていない相手の場合は、次に会う時間すら作ってくれなくなることもあるでしょう。

 大人女子は、デートのときは残念な出来事は忘れて、相手と楽しいことを共有し、関係を深めることに尽力します。その結果、お互いにとって有意義な時間にすることができ、愛情も深めることができるのです。

 愚痴で一番多いのが、「仕事のこと」。上司や部下の人間関係、仕事内容がつまらない、給与が安いといった内容がほとんどでしょう。

 実は、子供おばさんが「デート中に愚痴ってしまうこと」と「仕事の在り方」には、ある共通点があるのです。


その仕事に面白みを見出すか否かは自分次第


 何もかも自分の思い通りにいく仕事なんてものはありません。でも、その仕事において、何かしらの面白みを見出したり、やりがいを感じたりするかどうかは、“自分次第”です。
さらに、どんな仕事でも良い面もあれば、悪い面もあります。つまり、自分がどっちに目を向けるかで状況を変えられるのです。

 ネガティブ思考の人や完璧主義な人は、悪い面ばかりに目を向けて不満を抱いてしまいます。さらに受け身のまま仕事をやっている人は、いつまで経ってもただ与えられた仕事をこなすだけで終わってしまい、会社からの評価も“その程度”のものになってしまうことが多いでしょう。

   

たかがティッシュ配り、されどティッシュ配り


 実は、私は若かりし頃、イベントコンパニオンのアルバイトをしたことがあります。初めの仕事は展示会場でのイベントといった華やかなものではなく、CDショップの前でアーティストのCD発売の告知が印刷されたティッシュ配りの仕事でした。
イベントコンパニオンの中には単にバイト代を稼ぐためだけにやっている人もいましたが、私はただティッシュを配っても面白くないので、「どうしたら人がこのティッシュをもらいたくなるのか」を考え、色々なチャレンジをしてみました。

 一番、手っ取り早い方法は、「(アーティストの名前)のティッシュをお配りしています!」と言いながら配ると、そのアーティストの知名度によって、そのティッシュの価値は高くなり、多くの人がもらってくれました。

 次に自分が「このティッシュは素晴らしく価値のあるものなのだ」と思い込んだ状態で配ったらどうなんだろう?と思って試してみました。すると、その思いが相手に伝わるのか、また高い確率でティッシュを受け取ってもらいました。

 さらに、「自分はティッシュではなく、“幸せ”を配っているんだ」と思って、相手の目を見て笑顔で渡すとどうなるんだろう?と思って配ると、さらに人は受け取ってくれました。

 こんなことを試しているうちに、ティッシュのはけは良く、予定よりも早くなくなり、さらに私自身も楽しめたので、時間もあっという間に過ぎました。
しかも、次回もその次もそんな心がけてやっていた結果、イベントコンパニオンの中では早いうちからMCの仕事がくるようになり、コンパニオンの時よりも2倍以上のギャランティをもらうようにもなりました。
頑張ってやっていると、誰かが必ず見てくれているものなんですよね。


ティッシュ配りから学べる大切なメッセージとは?


 結局、ティッシュ配りという簡単な仕事であっても、自分の気持ち次第で楽しんだり、発見することが出てきたりするものなんです。
さらに言うと、そんなチャレンジをしていると、他の仕事でも通用する大事なことも学べることがあるのです。

 例えば、今回のティッシュ配りの例で言えば、「どんな思いでその行為をするかによって、相手の反応や結果は変わる」ということです。
相手の気持ちに立って、どうしたら受け取りたくなるのかを考えることの大切さ。さらに自分が単なるティッシュだと思いながら配るのか、すごく素敵なものだと思って配るのかで相手の反応が変わるように、自分が何かを人に薦めたいときは、まずは自分がそれを心から好きだと思うことが大事なのです。
それはティッシュ配りに限らず、他の仕事……例えば、物を売る商売や、企業の営業、広報・宣伝の仕事でも通ずることです。

 結局、人生で大事なメッセージというのは、どんな環境であっても“共通すること”があるんです。些細なことでも一生懸命やることで、それを学べることがあるんですよね。

目の前にあるものを大事にできている?


 初めに「子供おばさんが『デート中に愚痴ること』と『仕事での在り方』には共通することがある」と言いました。それはなにか?というと、「目の前の環境を生かすことができるか」ということです。

 今、目の前のことを大切にし、楽しめない人が、どんな環境を手に入れたって、生かしきれません。

 現に子供おばさんは、せっかくのデートで相手との関係を深めるチャンスの時に愚痴を言うというのは、まさに、目の前にある環境を生かしきれていません。それではどんなチャンスがあっても、幸せは掴めません。なぜなら、デートって“幸せになるチャンス”の時ですしね。

 人生はいつだって、“今の連続”です。今、目の前のことを大事にすることが、自分の人生を大事にすることにもつながるのです。

 先ほども言ったように仕事には良い面と悪い面があります。良い面をみて仕事をすると結果も変わってきます。
今度からデート中に仕事の話題になったときに、仕事の良い面について話せるようになっていれば、デートはもっと楽しいものになるでしょう。

 恋愛も仕事も、今ある環境を最大限に生かし、人生を楽しめる人でありたいものですね。

子供おばさん……デート中に愚痴り、相手に疎まれる。
大人女子……デート中はお互いに楽しめることを心がけ、関係を深める。

<参考文献> 図説「理趣経」入門(著:大栗 道榮 /鈴木出版刊 )

Text/ひかり

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら