• love
  • 2014.04.18

「本当の彼はもっと優しい」錯覚に陥ることで共依存に


 皆さん、こんにちは。
カウンセリングルームfour-heart-cloverの荻 尚子です。

 だんだん暖かくなってきましたね。
ゴールデンウィークも近づいてきて、楽しい企画盛りだくさん!なんて人も多いと思います。
楽しいことをたくさんするのは心にも体にもいいです。
楽しい日々を皆さん送ってくださいね。

出会った頃は楽しくて優しかった彼が、今は別人に…?

荻尚子 デートDV
Nicki Varkevisser


 さてさて、『共依存』の続きです。
皆さん、前回までの分を読んで、共依存について少しずつ分かっていただけましたでしょうか?
一回目二回目三回目

 共依存ってついつい相手(前回の話で言うとダメ男)が一番の問題と思ってしまう。
だから、自分には特に問題がないと思ってしまいがち。
でも、本当にそうでしょうか?

 浮気ばかりする彼氏、嘘ばかりつく彼氏、暴言ばかり言う彼氏、その人と一緒にいるあなたは幸せなのでしょうか?
なんで幸せじゃないのに、「一緒にいたい!」と執着してしまうのでしょうか?

 理由の一つは、出会った最初のころの彼がとても優しかった、彼とのとても楽しい時間があったからでしょう。
でも出会ってすぐの頃、すごく優しくて楽しい時間があったけど、今は違う場合、どちらが彼の本当の姿だと思いますか?

昔の彼、今の彼…どちらが本当の彼?


 答えは簡単ですよね。
今の彼がどちらかと言えば「普通の状態の彼」でしょう。

 今でも機嫌のいい時に優しかったり、楽しかったりして、最初の頃をふと思い出させる時もあるでしょう。
でも、今は楽しい時間、優しい時間がほとんどないのに、なぜその人にしがみついてしまうのでしょうか?

 最初の頃は優しくて楽しかったけど今はそうではない彼について「本当はすごく優しくて、楽しい人なんです」という言葉をよく聞きます。
本当にそう思いますか?
本当に優しくて、楽しい人は、ずっと一緒にいても優しくて、楽しいです。
もちろん恋愛初期のなんとも言えない盛り上がりは、付き合い始めの頃だけかも知れませんが…残念(笑)。

 まず大きな問題は「本当の彼は違う」と言ってしまうことにあります。
なぜなら、自分が付き合ってしまった人、足を踏み込んでしまった人をちゃんと直視できていないから。
「本当の彼は…」と皆さんよく言うのですが、「本当の彼は目の前にいるその人」だと私はいつもカウンセリングでお伝えしています。

 その目の前の彼をしっかり見てください。その人が本当の彼なんです。
楽しく優しかった彼ももちろん同一人物ではありますが、盛り上がりが冷めたら変わってしまう。そういう人なんです。

 なぜ、それを認められないのでしょうか?
この認められないところに共依存の落とし穴があると思います。

共依存の落とし穴は「本当の彼はすごくいい人」と錯覚してしまうこと


「本当の彼はすごくいい人」という気持ちがあるからこそ、今の彼の落ち度を必死に直そうとしてしまう。
「自分さえもっとがんばれば元の優しい彼に戻ってくれるはず!」と思ってしまうんだと思います。

 人は誰でも、この錯覚に陥ってしまうと思います。
しかし、こちらが普通に接していても恋愛当初のような優しい彼氏に戻らないのであれば、その優しくない彼を本当の彼の姿と認めて、その人と一緒にいたいかどうかを考えなければいけないですよね。

 先日、今話題の『アナと雪の女王』を見てきました。
あの映画にも、出会った当初はすごく優しくて楽しい素敵な彼がでてきますよね。
出会ったその日に二人で「本当の愛!」と喜んでいました。
でも、実際の彼はそういう人ではなかったと分かった時、彼女がどういう行動を取ったか。ここが共依存になるか、ならないかの分かれ道になると思います。

 最初から相手の本性が分かる人なんていません。
良い人と思っていたのに本当は違った時の寂しさ、裏切られたような気持ちはとても辛いです。
しかし、「違っていた」ときちんと受け止めることが何より大切です。その受け止め方次第で、これから自分が幸せな恋愛ができるかどうか決まってくると思います。

 何度も言いますが、自分が惹かれた相手の性格が実は偽りだった…こういうことはよくあります。
一度はその表面的な優しさに惹かれ、気持ちが傾いてしまった。その後に、実はその優しさは彼の本当の姿ではなかったと分かり、とても寂しい気持ちになるでしょう。
好きという気持ちを一瞬にしてなくすことはできないかもしれませんね。

 でも、その時に目をそらさず、目の前の人を見てください。
優しくて、一緒にいると楽しいと思ったからこそ好きだなって思うようになったんですよね?
でも、実際の彼はそうではなかった。
今、一緒にいても辛いことばかりだとしたら、あなたが良いと思った彼ではなかったんです。

 次回は、ついつい尽しすぎてしまう『共依存への道』について書いていきます。
自分が幸せだと思えることを大切にして、幸せな恋愛をしてくださいね。

Text/荻尚子

ライタープロフィール

荻尚子
女性専門カウンセリングルームfour-heart- cloverを運営。年間500人を超えるの方をカウンセリング

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら