前回の「ラブホのないフランスのセックス事情」も合わせてお楽しみください。

路上で見た日本人女性のリアルキス

中村綾花 世界婚活 結婚 結婚 長続き 秘訣 男と女 違うXavez

 なんであんなに日本人のキスは生々しいんでしょう。 今日、パリでチャリンコ散歩していたら、パリジャンの男性と日本人女性が路上でブチューってしてたんです。
パリジャン同士のキスだと全く気にならなのに、自分と同じ日本人女性だとものすごい衝撃なんですね。
つい自転車を止めて振り返ってしまうほどでした。

 AV映像を見ているよりエロい感じがするんです。
なぜかというと、あんなに気持ち良さそうに目をつぶって、本能的にキスしている日本人女性の姿を生で見たことないから、強烈な「性」を感じてしまうのかもしれませんね。

 パリジャンたちは、当然のようにチュッチュしていますけどね(笑)

結婚を長続きさせる秘訣

 さて、今回は結婚を長続きさせる秘訣について、私なりに検討続行中の大事なテーマです。
まず始めに私は「男性」と「女性」は基本的に全く違う生き物なので、お互いのことを分かり合えるとは思っていません。

 こう思うに至ったのは様々な書籍を読んだり、私自身が男性をテーマに扱う雑誌の仕事に携わったり、日々リサーチを行っていたからだと思います。
仕事を一緒にしていたのも圧倒的に男性ばかりでした。
男性たちのことを知れば知る程、いかに女性と違う頭と体を持っているかが分かってきました。
これは、もう変えられない事実なんです。

 そのおかげで私は「自分の好きになった男性と女性の私は絶対に100%分かり合えることは不可能だ」という結論に至りました。

問題があったらとことん話し合う

 自分が考えていること、思っていることをはっきり伝えなければ、相手にも伝わらない。だからこそ、しっかり伝えることが大切。
この見切りと、覚悟を携えたからこそ。
日本人男性ではなく、外国人の男性と結婚までできたと思っています。
そもそも相手は男性で、さらに外国人であることは、つねに意思の疎通に労力が必要です。

結婚するときに私と旦那さんの間で決めたのも
「問題があったらとことん話し合う」
ということでした。

 だから、いつも話し合います。めんどくさいことが多いです。
でも、分かり合えないと思っていた相手と、ふと分かり合えるときがあるんです。
そんな時こそ、二人で生きている意味と幸せを感じます。

 日本人カップルの友人と話をしていた時に
「え?そんな大事なことも話し合ってないの?」
とびっくりすることがありました。
それは、逆に日本人同士だから、結婚相手だから「分かってくれているはず」「感じ取ってくれているはず」という期待がそうさせているのだと思います。

 よく離婚の理由は「価値観のずれ」や「すれ違い」だなんて言われますよね。
それは「分かり合えるはずだったのに、そうでなかった」という勝手なおごりの結果かもしれません。
もしくは、相手と分かり合おうと努力をできなくなった時なのでしょう。
日々おごらず、話し合い、お互いを知り、分かり合おうとする努力。
これができれば結婚を長続きできるはずです。
言うは易く行うは難し、なんですけどね。

Text/中村綾花


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話