• love
  • 2016.12.29

彼氏いない歴=年齢の女が、マッチングアプリで知り合った男性とクリスマスデートしてみた

彼氏いない歴=年齢で恋愛とは無縁の日々を過ごす渋木プロテインおやじさん(23)。今年のクリスマスを迎えるにあたって彼女が決意したのは、マッチングアプリ「Poiboy(ポイボーイ)」で知り合った男性と聖なる夜にデートをすること。素を隠しながら、ふたりの男性とデートしてみた結果や如何に!?

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 渋木プロテインおやじ、23歳。
彼氏いない歴23年。男性とデートすらしたことがない喪女です。

 好きなタイプは、清潔感のあるチンコを持つ男性。欲を言えば、指毛が薄くて、爪の間に黒い何かが挟まってない人がタイプです。

 他の女子が「イケメンで〜、金持ちで〜」とかワガママ言いつつ彼氏ができてる中、私は割と広めの条件を提示してるのにも関わらず、彼氏ができたことがありません。

 女友達には笑われ、男友達には恋愛対象には見れないと言われ、お母さんには「お願いだから孫の顔を見せてくれ」と言われる毎日。

 最近の悩みは、「女友達と一緒にいる時に友達だけがナンパされて、一緒にいる私がすごい邪魔な奴みたいな雰囲気になった時に、どうしたらいいのか」ということです。

 人生を通して恋愛と無縁な私ですが、高校時代に隣の学校のイケメンに一目惚れし、名前やら何やらを特定してお近づきになったことがあります(※ストーカーではありません)。
しかしあの頃の私はスーパーウルトラシャイで、本人を目の前にすると、一言も喋れないし、目も合わせられませんでした。
最終的には、「私が滝修行に行ってテレビにたまたま映った時の超絶ブサイクな姿」を、その彼に見られてしまい、ドン引きされて、私の儚い恋物語は終わりを遂げたのでした。

 そんな恋愛とは無縁の毎日を過ごす私ですが、馬鹿にしている人々を見返してやろうと、筑波大学のミスコンに一度出場したこともあります。

 その時の写真がこちら。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy
出場時のプロフィール

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 便器をかぶってリコーダーを吹くパフォーマンスをして奮闘するも、結局、王道美少女にグランプリをとられる始末。 またしても屈辱を味わう羽目に。

 こうして私は「完璧な喪女」として、確固たる地位を確立したのでした…。

決意

 そんな非リア界の頂点を極めた私には、天敵となるイベントがあります。そう、それは……
クリスマス。

【クリスマス】リア充の祭典のこと。街中には、おびただしい数の電飾が現れなぜかカップルはその日にデートをしなくてはいけないという風習がある。恋人がいない人は、リア充から発せられる「何か」によって抑圧され、まるでそこに存在してはいけないかのような謎の空気感が街を支配する。
出典:非リアペディア

 私はクリスマスを迎えるたびに屈辱を味わってきました。しかし、私も23歳。このままではまずい。そう思ったのです。

 そしてついに決意しました。
出会い系で知り合った男性をクリスマスデートに誘おうではないか!

と、いうことで、今回はAMの会社が運営しているマッチングアプリ「Poiboy(ポイボーイ)」を使い、クリスマスイブにデートしてくれる男性を探すことにしました。
今はInstagramやTinderなど画像をもとに直感で遊ぶゲームが流行っているので、プロフィール写真が鍵になる「Poiboy」で本能的にマッチングしてみます。 Poiboyをいますぐ見る

準備

 まずは、気になる男性にアプローチするためにプロフィールを充実させる必要があります。プロフィール写真を決めなくてはなりません。

 いつもどおりの私なら…

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

こんな写真や

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

こんな写真、

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 こんな写真をプロフィールにするのですが、本気(マジ)で男を求めているためアイデンティティを完全に封印して盛れている写真を使用することにしました。

 きっとSNOWを使えば、盛れると思い、SNOWを使ってみることに。
SNOWを自力で再現したことはありますが、

SNOWをちゃんとまともに使うのは今回が初めてです。


 そして、できたプロフィール写真がこちら(右)

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy
(左)実際の私 /(右)プロフィール上の私

 誰だよお前。
顎どうした。

 なんとなく本名を晒すことに抵抗があったため、「もえ」という偽名で登録しました。

 プロフィールが完成したら、気になる男性をどんどん「ポイ」して、好みのイケメンをストックできます。マジでイケメンだらけなので、目の保養になりました。
女性完全主導、男性受け身のアプリのため、好みじゃない男性からアタックされることはなく、めんどくさいことにならないのが魅力です。「選ばれる」恋愛じゃなく、「選ぶ」恋愛ができます。贅沢かよ。

 そして普段のクソみたいなキャラを隠し、絵文字をふんだんに使い、かわいらしい女性になりきって男探しに勤しみました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 結果、たくさんの殿方とメッセージを通して仲良くなり、4人の男性とLINEを交換しました!

 ちなみに、今回ガチでチャレンジしたため、怪しい人だと思われないためにも、わざわざLINEのアカウントも平穏なものに変えました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy
(左)普段の私のLINE / (右)男性とやりとりするために変更したもの

 何人もの殿方とやりとりして、実際にデートしてくれそうな雰囲気の人は何人かいたのですが、デートのことを記事にするかもしれないというと、「ちょっとそれは厳しい」って断られてしまうことが多かったです。

 それでも結局、2人の男性がクリスマスイブにデートしてくれることになりました。

 ちなみに私のPoiboyでの戦績は以下の通りです。

私が声をかけた男性の人数…42人
返信が返ってきた男性の人数…27人
LINEを交換した男性の人数…4人
実際にデートしてくれることとなった男性の人数…2人

Poiboyで出会った男性と実際にクリスマスイブデートしてみた

 もちろん実際にデートしてくれたお二人には、デートについて記事にすることの了承を得ています。

 1人目は20歳の大学生のゆうさん。
残念ながら夜はバイトがあるらしく、昼しか会えなかったのですが、2人でカフェにてクリスマス♡デートをしました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 顔出しNGということですが、なかなかの爽やか好青年イケメン。

 出会ったのも何かの縁だし、あわよくばお付き合いしたいので、いろいろ根掘り葉掘り聞いて急接近することにしました。

 普段の私はコミュ障で、男性と2人きりで話す場面になると、どうしても「ちんちん」という言葉を発してしまい、ドン引きされてしまうのですが、ここでそれを言ったら苦労が台無しです。「ちんちん」という言葉を押し殺して普通に会話することにしました。

-今、彼女はいますか?

「あ、いないですいないです」

-そうなんですね!ちなみに、ゆうさんはどういう女性がタイプですか?

「見た目は顔のはっきりしたハーフのような女性が好きです。性格はいっぱいしゃべる子が好きですね」

-なるほど。ハーフ顔とは程遠いですが、よく喋る女の子といえば私のことですね、よかったら私とお付き合いしてくれませんか?

「……すいません、まだ会ったばかりなので、ちょっと厳しいですね(苦笑)」

 撃沈。
あっさり振られてしまいました。しかし、男性とデートすらしたことない私にとって、2人でデートできたことが奇跡です!
Poiboyの男性をチェック

次なるデートへ

 振られても切り替えが大事。気を取り直して、2人目の男性とのデートの待ち合わせ場所に向かいました。

 2人目は、24歳の美神レオさん。レオさんも夜はお仕事があるようで、昼にデートすることになりました。

「全身白の服を着ています」という言葉の通り、まるで王子様のような全身白の服を着た高身長の超絶イケメンでした。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 普段は新宿の歌舞伎町の「EKAM tokyo」というお店でホストをしていて、雑誌に載るくらい人気なんだそうです。

 正直、写真で見るより実際に見た方がイケメンだと思います。めっっちゃいい香りがするし、話も上手だし本当にヤバイ。イケメンすぎる。ハアハア。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 彼ともあわよくばお付き合いしたいので、いろいろ根掘り葉掘り聞いて急接近することにしました。

-レオさんはどういう女の子がタイプなんですか?

「う〜〜ん。一途な女性かな!やっぱり一途って大事じゃないですか!だから僕の事を好きになってくれて、一途な女性が好きです♪」

-ちなみに見た目でいうならどういう子が好きなんですか?

「うーん、芸能人なら夏帆さんが好きですね。ギャルは苦手なんです」

-意外と清純派!(笑)

その後もホストの話などを聞いて盛り上がりました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 もう完全にレオさんのことが好きになってしまったので、勢いで告ってみることにしました。

-あの、いきなりなんですけど……私と付き合ってください!

「ちょっとそれは……(笑)ホストとして言うと、みんなのレオだからそれはできないかな(笑)ホストですが、一応『会えるアイドル』みたいなものを目指しているので」

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

-会えるアイドル!じゃあお客さんと付き合うとかもしないんですか?

「お客さまは夢を見にホストクラブに来ます。だから付き合うとかはないんです」

-肉体関係とか持つんですか?

「俺はお客さまとは一切そういうことはしないって決めてます。だからホテルで、裸で誘われたとしても『寒くない?服着た方がいいよ』みたいにうまくかわします(笑)」

-なんと!そうですか、残念です。じゃあ、付き合うのは無理かもしれないですけど、ここで1つお願いしてもいいですか?

「なんですか?いいですよ」

-私に甘い言葉を言って欲しいです!!!「私とクリスマスイブの夜にイルミネーションを見ている」っていう設定で!!!!

「……甘い言葉ですか。甘い言葉ってそんな簡単に言えるものじゃないですよ(笑)」

-ホストだから言い慣れてるかと(笑)

「普通に恥ずかしいですよ!……わかりました、言いますね。」

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

「来年も同じ景色を見ようね」


-きゃあああああああああああ!!!!ありがとうございます!ありがとうございます!あの、もう一つお願いしてもいいですか?一緒にデートしてる感出してツーショット写真撮ってもいいですか?

「いいですよ(笑)」

ってな感じで2ショット写真をゲットしました!

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 ワイ、メスの顔しとるやないかい。

 ちなみに、この日が本当にクリスマスイブであることをアピールするためにカレンダーを写そうとしています(写ってない)。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 SNOWも一緒にやってくれました。見よ、私のこの幸せそうな顔を。

 この後、そのまま仕事に向かっていったレオさん。本当に気さくでイケメンで優しい人でした。夢のような時間をありがとう。
Poiboyのおかげで、ホストに行かなくてもホストっぽい体験ができました。 レオさんとバイバイしてからあることに気づいてしまいました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 結局クリスマスぼっちじゃねえか。
でも素敵な夢を見せてくれた、ゆうさんとレオさんに感謝!一度もデートしないまま一生を終えるということは免れました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy

 その後、1人でイルミネーションを見て1人でホールケーキを食べました。


 結局、男性とクリスマスイブの夜にデートをすることができませんでしたが、久しぶりに男性とまともに触れ合ったことで性欲が増してしまい、ついついこんなものを作ってしまいました。

渋木プロテインおやじ クリスマスデート Poiboy
自分で作った妄想の彼氏の胸板

 ちなみに、「マッチョ」で検索して一番最初に出てきた人をモデルに作りました。

 こんな胸に抱かれたい。できればオイルテッカテカであってほしい。

 来年こそは……来年こそは……この胸板に抱かれたいので、これからもポイを頑張りたいと思います。

私の戦いは続く……to be continued. Poiboyの男性をチェック

Poiboyが新しくなりました!

poiboy

 AM編集部がプロデュースした女の子からはじまる恋愛応援アプリ「Poiboy」がリニューアル!(※iOS先行配信中) 女性主導はそのままに選び方が「二択」に変わりました。表示される2人の男性から気になる方を次々選んでいく直感方式がクセになる!ちょっとした気持ちの選択から、思いもよらない素敵な恋がはじまるかも……!

関連キーワード

童貞の疑問を解決する本
今月の特集

AMのこぼれ話