• sex
  • 2017.10.09

お知恵を拝借!「五千円得する」以外にもあるセフレを確保した方がいい理由

今回のテーマは「セフレ」です。セフレは、普段はセックスをともに楽しむ相手です。しかし、セフレをつくるとこんなメリットもあるんです!彼氏でもただの友達でもない「セフレ」だからこそのメリットって?菊池美佳子さんに「セフレのありがたさ」を教えていただきました!

率直な「現場の声」

男女のお友達
by Trinity Kubassek


 友人が、美容外科で膣圧計測を受けたところ、残念な数値だったとのことで、そこそこのショックを受けておりました。計測料金は、確か五千円って言っていたかな。高いんだか安いんだか、膣圧計測の相場は知りませんが、五千円あればその辺の居酒屋だったらけっこうな量飲めるし、銀座界隈でかなり贅沢なランチを食べることもできます。

 美容外科での計測が正確であることは百も承知のうえで、五千円を飲み代やランチ代に回したい呑んべえ女性や食いしん坊女性は、セフレに聞いたほうが手っ取り早いですよ。セフレの便利なところは、素朴なシモの疑問を平気で投げかけられるということ。「私の膣圧って、ほかの婦女子と比べてどの程度のレベル?」って、誰彼かまわず質問できる内容じゃないですからね。

 特に、片想いしている相手とセックスだけの関係に甘んじているような婦女子は、口が裂けても聞けないはず。そんな質問したあかつきには、セックスだけの関係性って部分がより濃厚になってしまうだけですから。

 かと言ってワンナイトラブの相手に聞いても、おそらくお世辞しか返ってこないでしょう。その場限りの関係性なわけですから、穏便に済ませようとするはず。その点、セフレならサクッと訊ねることができるし、お世辞抜きの本音回答が返ってきます。

 私事で恐縮ですが、数年前に「お湯漏れ」が起きまして。あ、お湯漏れってご存知ですかね? お風呂上がり、バスタオルでゴシゴシ拭いている際、股間から内ももにかけてお湯がツーッと流れ落ちる現象のことです。膣圧の緩みによって、バスタブのお湯が膣内に入り、それが時間差で漏れてきたというわけ。「お湯漏れ」で検索すると、これでもかというくらい「産後」というキーワードが目に飛び込んできます。

 しかし筆者は産後ではありません。出産したわけでもないのにお湯漏れって、相当ヤバいと危機感を抱き、下半身の運動を強化したのでした。そして数ヶ月後、当時のセフレに聞いてみたのです。お湯漏れ現象を軽く説明したうえで、この数ヶ月間下半身の運動を徹底してきた私の膣圧はどう変わったか、と。

 セフレ氏:「うーん、特に変わりないかなぁ」

 当時のセフレ氏いわく、筆者がお湯漏れ現象を起こした数ヶ月前に「緩くなった」と感じることもなければ! 下半身強化した数ヶ月後に「締まりが良くなった」と感じることもなかったと! 当時のセフレ氏は「お湯じゃなくてマン汁だったのでは?」と笑っていました。こういう率直な「現場の声」が聞けるのが、セフレ関係の良さなのだと思います。

お湯漏れ以外にも

 お湯漏れ以外にも、たとえばアンダーヘア事情! 美容皮膚科やエステティックサロン、ブラジリアンワックスなどの情報が錯綜する昨今、世の中すべての女性がハイジニーナなのかなという錯覚に至りますが、確認する術がない!
スポーツジムの大浴場でウオッチングするという方法はありますが、あいにく筆者行きつけのジムは年齢層が高いので、60~70代の方々を見ても参考にはなりません。仮に若者ばかりのジムだとしても、ヒトサマの股間をジロジロ見るのは申し訳ない……。

 そこでセフレ氏のお知恵拝借! 知恵というか、彼がこれまで積んできたセックス経験値ですね。「VIO全処理の女性って、過去どれくらい遭遇した?」という生々しい質問に対しても、「ぶっちゃけ1人も遭遇したことない」など、リアルな回答が返ってくるわけです。冬のボーナスで永久脱毛に踏み切るか迷っていた女性には、良い参考材料になるでしょう。

 シモの相談に限らず、「飲み会での大皿料理取り分けをやるオンナが計算高いことはわかったうえで、取り分け女性に魅力を感じる男心」など、男性心理を学ぶこともできるので、セフレってホンットありがたい存在だと思いますよ。

 セフレ男性のスペックによっては、仕事や人生の相談をすることもできます。「セックスも相談事もできる存在」として2~3人確保してはいかがでしょうか?

Text/菊池美佳子

次回は <セックスしたら付き合いたいのが女性?ヤリチンの「自惚れ」を阻止する打開策>です。
「セックスすれば、女性は恋に落ちる…」そう勘違いをしているヤリチンを多く見かけます。実際、そんなことは全くなく、ただセックスを楽しみたいだけなのに。では、私達はどうすれば、そんな男性達の「自惚れ」から逃れることができるのでしょう?菊池美佳子先生に教えていただきます!

今月の特集

AMのこぼれ話