しくじり熟女 私みたいになるな!

お知恵を拝借!「五千円得する」以外にもあるセフレを確保した方がいい理由

今回のテーマは「セフレ」です。セフレは、普段はセックスをともに楽しむ相手です。しかし、セフレをつくるとこんなメリットもあるんです!彼氏でもただの友達でもない「セフレ」だからこそのメリットって?菊池美佳子さんに「セフレのありがたさ」を教えていただきました!

率直な「現場の声」

男女のお友達
by Trinity Kubassek


 友人が、美容外科で膣圧計測を受けたところ、残念な数値だったとのことで、そこそこのショックを受けておりました。計測料金は、確か五千円って言っていたかな。高いんだか安いんだか、膣圧計測の相場は知りませんが、五千円あればその辺の居酒屋だったらけっこうな量飲めるし、銀座界隈でかなり贅沢なランチを食べることもできます。

 美容外科での計測が正確であることは百も承知のうえで、五千円を飲み代やランチ代に回したい呑んべえ女性や食いしん坊女性は、セフレに聞いたほうが手っ取り早いですよ。セフレの便利なところは、素朴なシモの疑問を平気で投げかけられるということ。「私の膣圧って、ほかの婦女子と比べてどの程度のレベル?」って、誰彼かまわず質問できる内容じゃないですからね。

 特に、片想いしている相手とセックスだけの関係に甘んじているような婦女子は、口が裂けても聞けないはず。そんな質問したあかつきには、セックスだけの関係性って部分がより濃厚になってしまうだけですから。

 かと言ってワンナイトラブの相手に聞いても、おそらくお世辞しか返ってこないでしょう。その場限りの関係性なわけですから、穏便に済ませようとするはず。その点、セフレならサクッと訊ねることができるし、お世辞抜きの本音回答が返ってきます。

 私事で恐縮ですが、数年前に「お湯漏れ」が起きまして。あ、お湯漏れってご存知ですかね? お風呂上がり、バスタオルでゴシゴシ拭いている際、股間から内ももにかけてお湯がツーッと流れ落ちる現象のことです。膣圧の緩みによって、バスタブのお湯が膣内に入り、それが時間差で漏れてきたというわけ。「お湯漏れ」で検索すると、これでもかというくらい「産後」というキーワードが目に飛び込んできます。

 しかし筆者は産後ではありません。出産したわけでもないのにお湯漏れって、相当ヤバいと危機感を抱き、下半身の運動を強化したのでした。そして数ヶ月後、当時のセフレに聞いてみたのです。お湯漏れ現象を軽く説明したうえで、この数ヶ月間下半身の運動を徹底してきた私の膣圧はどう変わったか、と。

 セフレ氏:「うーん、特に変わりないかなぁ」

 当時のセフレ氏いわく、筆者がお湯漏れ現象を起こした数ヶ月前に「緩くなった」と感じることもなければ! 下半身強化した数ヶ月後に「締まりが良くなった」と感じることもなかったと! 当時のセフレ氏は「お湯じゃなくてマン汁だったのでは?」と笑っていました。こういう率直な「現場の声」が聞けるのが、セフレ関係の良さなのだと思います。