• sex
  • 2017.10.02

「良いヤリチン」とのセックスには虚しさも惨めさもナシ!対して「悪いヤリチン」は?

先週に引き続き、テーマは良いヤリチンと悪いヤリチン。その生態の違いの特徴は、まずご飯の考え方にあります!良いヤリチンとの肉体関係には、虚しさも惨めさも一切ありません。その裏側を支えてくれる、良いヤリチンの思考とは?

丸いサングラスをかけた男性がピースサインをしながらにやける画像
by Justin Luebke

 先週は、「良いヤリチンと悪いヤリチンの仕分け作業」をするつもりが「阿呆なヤリチン」に話が脱線してしまいました。今週こそ脱線しないよう細心の注意を配りながら、「良いヤリチン」「悪いヤリチン」の仕分け作業に集中致します。

良いヤリチンには真心がある

 良いヤリチンは、オンナという生き物の性(さが)をよーくわかっています。オンナの性(さが)とは「ヤリマンを気取っていても、なんだかんだでちゃんと付き合いたい」という乙女心のことです。その乙女心に応えられないぶん、別の部分で穴埋めし、プラスマイナスゼロで落ち着かせてくれるのが良いヤリチンです。たとえば「メシ」。

 いや。「たとえば」というよりも! メシは必須項目であると筆者は考えます。これは過去の連載から何度も書いていることなので、聞き飽きたかもしれませんが、真性ヤリチンたちは皆、口を揃えます(筆者は職業柄、知り合いにヤリチンが多いのです)。「メシをオゴるのは最低限のマナーである!」と。

 要するに、ちゃんと付き合う気はないけれどもセックスだけしたいという欲求が、婦女子に対して非礼であることをちゃーんと理解しているわけです。そのぶん(ちゃんと付き合えないぶん)、メシくらいオゴりますよ……というジェントルマン精神がそこにはあるのです。

 メシ屋のランクは、予約の取れない高級焼き肉店の場合もあれば、チェーン店居酒屋ってこともあるでしょう。その辺はどっちでも良いと、筆者は考えます。ひとくちにヤリチンといっても、その経済状況はそれぞれでしょうから。

 大事なのは、メシ屋のランクではなく、自分の可能な範囲でご馳走する真心! 特にジェントルマンなヤリチンは、一夜明かした翌日のモーニングまでご馳走してくれます。筆者がこれまで出会ったジェントルマンなヤリチンの中の最高峰モーニングは、築地で朝寿司でした。

 これまたランクはどうでもいいのです。ファミレスのモーニングセットでも充分なのです。大事なのは「ちゃんと付き合う気がないぶん、メシくらいオゴるぜ」という真心の部分ですから。

悪いヤリチンとのセックスは「交尾」

 悪いヤリチンは、メシ抜きデートが当たり前の感覚になっています。デートと書きましたが、デートとは呼べないほどのお粗末な会い方をするんですよね。夜中に突然、「今から来いよ」と呼びつけ、飲み物さえ出さずにセックスに至るとか。「今から行っていい?」と押しかけ、ことが済んだら「明日早いから帰る」と、滞在時間1時間ほどで去っていくとか。メシも食わずにヤルことだけヤッてバイバイって、犬猫の交尾と一緒ですよね。そう、悪いヤリチンとのセックスは、セックスに非ず! 交尾なのです。

 会ってヤルだけの関係性に甘んじている婦女子の皆様! 「会ってもらえるだけで幸せ」だとか「チンチン舐めさせてもらえるだけで幸せ」だとか「オマ○コに挿れて頂けるだけで幸せ」などと言っている場合じゃないですよ! もっと、自分自身の「幸せレベル」を引き上げてもよいのだと思います。

 いや、もしかすると「幸せなふり」をしているだけかもしれませんね。ただ呼び出されて(或いは夜中に突然押しかけられて)交尾するだけの関係性を「虚しい」「惨め」と認めたくないために、自己暗示をかけようとしているのでは?

 良いヤリチンとの肉体関係には、虚しさも惨めさも一切ありません。「美味しいディナーをゴチになって、交尾ではなくセックスをして、あー楽しかった」で終わるのですから、「幸せなふり」という自己暗示をする必要はないのです。

 嗚呼、良いヤリチンの特徴はもっとほかにも沢山あるのに、メシの件だけで文字数がいっぱいになってしまいました。良いヤリチンその他の特徴は、またの機会に……。


Text/菊池美佳子

次回は <お知恵を拝借!「五千円得する」以外にもあるセフレを確保した方がいい理由>です。
今回のテーマは「セフレ」です。セフレは、普段はセックスをともに楽しむ相手です。しかし、セフレをつくるとこんなメリットもあるんです!彼氏でもただの友達でもない「セフレ」だからこそのメリットって?菊池美佳子さんに「セフレのありがたさ」を教えていただきました!

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など
今月の特集

AMのこぼれ話