• sex
  • 2017.08.28

なぜ即日セックスを嫌がるの?ヤリマンがためらわない単純すぎる理由

ー選ばれたのは、ヤリマンでしたー どうして人は即日セックスもいとわないヤリマンになるのか。菊池さんが元ヤリマンだった自身の経験を元に、ヤリマンの正義、ヤリマンの信念、ヤリマンたる所以を考えます。

なぜセックスをためらわないのか

海辺でオトコを襲うヤリマンの画像
by Steve C

 先週、ヤリマンが疑問を抱くとしたら……という仮定で、「なぜ好きな人との初体験にこだわるの?」という話を書きました。書き進めているうちに、「なぜ出会ったその日のうちのセックスを嫌がるの?」という疑問も湧いてきたので、今週はこの件をお題とさせて頂きます。

 処女でなくとも、おそらく大半の女性が「出会ったその日のうちにセックスすべきでない」「なぜヤリマンは出会ったその日のうちにセックスするの?」と思うでしょう。ヤリマンとて、基本理念は一緒です。男女関係とは、セックスするまでの攻防戦が面白いのであって、カンタンに寝てしまってはつまらない……。

 そんなことは百も承知なのに、なぜヤリマンは出会ったその日のうちにセックスしてしまうのでしょうか? 答えは単純で、「ガマンができないから」です。筆者自身が現役ヤリマンだった頃もそうでしたし、現在進行形でヤリマン活動真っ只中の女性達も皆、そのように口を揃えます。

 出会ったその日のうちにセックスすると、正式なお付き合いには発展せず、セフレ関係になるかもしれない……。それどころか一夜限りの関係で終わってしまうかもしれない……。わかっていますよ、わかっているけどガマンできないのがヤリマンという生き物なのです。

 夜中ふと目が覚め、台所でかっぱえびせんを発見したときの気分に似ているかもしれません。「いま食べると確実に太ってしまう」「明日のおやつの時間までガマンしなきゃ」「ああ、でもガマンできない……」という、やめられない・とまらない現象と全く同じ!

ヤリマンは「事後」も違う

 ヤリマンがヤリマンたる所以は、ガマンできずにセックスした「事後」のマインドにあるのだと筆者は考えます。正式なお付き合いに発展せず、セフレ関係になってしまったり……。セフレどころか一夜限りの関係で終わってしまったり……。そうなっても、いちいち気にしないのが、ヤリマンという生き物。「まぁ、それまでのご縁だったということで、次を探そう」と、決して強がりではなく、ケロッとしているのがヤリマンなのです。

 ヤリマンも非ヤリマンも、「できれば初セックスまでは2~3回のデートを挟みたい」「できればセフレや一夜限りではなく正式にお付き合いしたい」という、「入り口」の部分は一緒なのでしょう。そこから、遅かれ早かれセックスに至り、残念ながら「正式なお付き合い」には至らなかった際のマインドが、ヤリマンか非ヤリマンかという分かれ道です。

 「ヤリ逃げされた……」と未練を引きずり、「もうゼッタイ先にセックスしないぞ!」と、男女関係に身構えるのが非ヤリマン。「まぁ、それまでのご縁だったということで、次を探そう」と、新たな出会いに鼻息を荒くするのがヤリマン。

 夜中に台所で発見したかっぱえびせんも、「食べたい」と欲する「入り口」の部分は一緒。ガマンできるのがモデル体型女子、ガマンできないのがマシュマロ女子……みたいなもんですよ。

Text/菊池美佳子

次回は<セフレで時間つぶしすればいいのに!「なぜ同時進行しないの?」ヤリマンが抱く疑問>です。
「童貞の疑問を解決する本」の逆、菊池美佳子さんが出した「ヤリマンが抱く3つの疑問」のうち、今週は「なぜ同時進行しないの?」を取り上げます。同時進行は、好きな人が振り向いてくれない、好きな人ができない、そんなときの時間つぶし…?

今月の特集

AMのこぼれ話