膣内の感度は実は鈍い?医師が教える本当に気持ちいい挿入テクニック

濡れる=感じるだと思っていませんか?膣の内壁は実は感度が鈍いって知ってましたか?スローセックスのアダム徳永さんの本や産婦人科医さんの昔の連載にいたるまで、数十年にわたるセックスハウツー本を詰め込んだ電子書籍のベストセラー『完全マニュアル セックスの間違い100答』で、彼氏やセフレと一緒に正しい知識を学びましょう!

完全マニュアル セックスの間違い100答 性交痛 アダム徳永
by Dmitry Ratushny

 世代を超えて繰り返されるセックスの疑問。
これに答えてくれるのが、数十年にわたるさまざまなセックスハウツーを詰めこんだ電子書籍のベストセラー、『完全マニュアル セックスの間違い100答』です!

 女性が学べるだけでなく、「そうそう! こういう風にしてほしい!」と納得の男性向けテクも盛りだくさん。彼氏やセフレに読ませる教科書としても役立ちます。

 第3回は、第4章「女性のからだと愛し方 そこが違う」から、挿入時に関するQ&Aを抜粋してご紹介します!

 これまでの記事も合わせてどうぞ!
≪彼もあなたも間違ってる? 胸だけでイッちゃう正しいおっぱいの触り方≫
≪クリトリスを指先でこするのは間違い?一番デリケートだからこそ正しいテクニックを≫

「膣の入り口」は快感の宝庫

Q 彼にペニスを挿入されるとき、いつも痛くて気持ちが萎えちゃうんです。

A 〝女性の性感が高まって、膣がペニスを受け入れられる状態になれば、分泌液も出て、膣粘膜も充血、やわらかくなってインサートしやすい状態になります。
ところが、まだ女性がそういう状態になっていないときに無理にインサートしようとすると、挿入が不完全になり、女性の苦痛を招きます
(監修/許根元・六本木美容形成外科院長 婦人倶楽部 1981年11月号「完全なる性愛の技法 充たされた愛の医学」より)

 膣口は、ふだんは閉じた形になっています。つまりインサートは、ふつうは密着した状態の〝実〟を押し広げるようにして進んでいくものなのです。ろくに前戯もしないで、いきなりペニスをインサートしてくるような男性とのセックスでは、いくらピストン運動を繰り返したところで、快感が得られなくて当然です。

 そもそも膣壁には触覚の末端神経がないため、膣自体の感度は、実は鈍いといわれています。これは膣が出産時の産道になることを考えれば、天の配剤の妙ともいえます。
もし、膣に敏感な神経が集まっていたら、出産時の苦痛はとうてい耐えられなくなってしまうでしょう。
いわゆる「セックスの快感は膣そのもので得られる」というのは、多くの男性の思い込みなのです。

 膣部で特に敏感なところといえば、膣前庭(クリトリスから膣口までの小陰唇に囲まれたところ)です。
また、膣口付近には収縮筋があって、リズミカルな圧迫を加えられると強い興奮を感じます。
ですから、インサート前の膣への愛撫は、基本的には膣口付近や前庭に集中させるのがおすすめ。
触る、押さえる、なでる、そっと軽くたたく、指をすべらせる、振るといったテクニックを駆使して、いたわるような愛撫を十分に加えてもらいましょう。