菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

セックス時に「電気を消して」と言うのは女性ばかり!男性の見せたい「心理」

電気を消したい女VS明るくしたい男!露出狂も男性のほうが多いし、なんで男の人ってあんなに「見せたがり」なんでしょうか?男女の相容れないセックス中のライト問題、効果的な興奮のさせ方について、動物的本能と視覚的興奮の関係を通して菊池さんがわかりやすく解説してくれました!

 4月前半までは、「本当に春ですか?」「まだ冬なのでは?」とツッコミを入れたくなるくらい肌寒い日が続いておりましたが、4月後半に入り、ようやく春が本気を出し始めましたね。暖かくなると増えるのが露出狂です。というわけで今週は、「見せたい心理」に迫りたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

なぜ男は「見せたがる」のか?

裸 ライト 消す 露出 見せたがり

 露出狂に対する筆者のイメージは、春だというのにオーバーコートに身を包み、通行人の前に立ちはだかって、いきなり前を「バッ」と全開! コートの中は全裸で、性器は今にも絶頂に達する寸前のマックス状態……これが、露出狂の定番スタイルと解釈しております。

 露出狂の男女比は、おそらく男性のほうが圧倒的多数でしょう。女性の露出狂が出た話は、聞いたことがありません。なぜ男性は、「見せたがる」のでしょうか? 露出狂でなくとも、一般男性も「見せること」「見られること」に対して、抵抗を持たない人がほとんどですよね。セックス時、「恥ずかしいから電気を消そう」などという男性にはお目にかかったことがありません。むしろ、「ホラ、こんなに大っきくなっているぜ」と、見せること・見られることに積極的です。

 筆者が思うに、「視覚的興奮への重要度合い」が関係しているのでしょう。男性が性的興奮を得る際、視覚要素を重要視するという説は有名です。動物界の繁殖シーズンでは、「どのメスにしようかなぁ」などと迷っていると、ほかのオスに先を越され、交尾のチャンスを逃してしまいます。そうならないよう、パッと見の好みで「よっしゃ、俺はあのメスに決めたぞ!」と判断できるよう、視覚要素を重要視するようになったのだとか。その動物的本能が、人間の男性にも備わっているのでしょう。

 自分自身が視覚的興奮を重要視しているからこそ、男性は「相手にとっても視覚的興奮は大事であろう」という認識なのかも。そこで女性を興奮させるべく、「ホラ、こんなに大っきくなっているぜ」と、性器をご披露してくださるのでしょう。