官能映画のワンシーンを再現!鏡越しの結合部に興奮するバックスタイル

 体の相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」
今回は、映画に出てくるラブシーンをLOVEポジで再現するという新しい試みをしてみましょう。

映画のワンシーンを再現

OLIVIA LOVEポジ セックス カラダ 体位
©by k14

ちょっと古い映画ですが、1988年公開の『存在の耐えられない軽さ』をご存知でしょうか?
チェコスロバキアのプラハの春を題材にしたミラン・クンデラの同名小説が映画化された作品です。
優秀な外科医でプレイボーイの主人公トマシュと、彼を取り巻く画家のサビーナ、そして写真家志望の新妻テレサの恋愛模様を描いた映画なのですが、映画の中でひときわ目をひくシーンがあります。

 それは、日本版DVDパッケージにもなっている、サビーナが黒い帽子を被り、楕円形の鏡に四つん這いになるシーン。

 私の友人は、このシーンを再現してセックスしたところ、最高にエロティックで、盛り上がったと申しておりました。
彼女の話からヒントを得て、新たなLOVEポジを考案しました。

それが、今回ご紹介する「鏡のぞきバック」です。
LOVEポジだけを楽しむのもいいですが、せっかくなら、彼と一緒に映画を鑑賞した後や元ネタを知っている彼と例のシーンを再現した方が、より盛り上がります!