江戸期にも手マンを追求した性典が!「気持ちよくなってもらう」という意識/春画―ル

江戸期の手マンの方法教えます

春画渓斎英泉《閨中紀聞/枕文庫(けいちゅうきぶん/まくらぶんこ)》

いきなりのこの画像に驚いた方もいるのではないでしょうか。
これは性典物に描かれている絵です。

左側が妊娠中の女性の胎内で、右側が膣に指を挿れた様子を膣の中から捉えた図です。この絵を描いた渓斎英泉は「女性の身体の中が本当にこのようになっているとは信じないでジョークとして捉えて欲しい」と文中に補足してくれています。
どうやら版元(今で言う出版社さんかな)が、真面目過ぎる性知識のみの書物だと読者が増えないので興味をそそる挿絵も描いて欲しいと頼んだようです。

今回はこの右側の絵で描かれている「くじり」がテーマです。

江戸期は女性器の部位をどのように認識していたのか?

「くじり」とは聞きなれない言葉だが、今で言うと、「指弄」、「手マン」のことである。
みなさんのご存知の通り、やみくもに指でぐりぐり穴を触ったり、指を出し入れされても痛いし傷がつく可能性もあります。全く気持ちが良くないし、なんだか悲しい気持ちになる。

まず、「どこ」の部分をどのように触ればよいと考えられていたのかを当時の性典物からご紹介するために、各部位について解説されている図を紹介する。

春画月岡雪鼎《艶道日夜女宝記(びどうにちやにょほうき)》

右側の絵は「玉門」(女性の陰部のこと)を真正面から捉えた図である。
一番上の穴は小便が出る小さい穴で、中央の穴が「子つぼ」と呼ばれる部分である。

最初の画像の胎内図に描かれている“赤いイソギンチャク”のようなものが、膣の奥に存在する「子つぼ」であると考えられていたことを示している。

そして、左側は玉門の中を捉えた図である。この《艶道日夜女宝記》は色事に不慣れな人や未経験な人でもわかるような内容になっており、どの部分に男根を挿入したらよいのかも書いてくれている。一番下にある穴は便が出る穴であり、直腸と繋がっていることが図からわかる。

どうやって触るの?

春画月岡雪鼎《艶道日夜女宝記(びどうにちやにょほうき)》

解説によると、指弄を行うときは親指と人差し指を使い、注意事項として「爪をしっかり切るように」と書かれている。

触り方を読み解くと、

中指と人差し指の腹で玉門の中の袋のようになっている部分の下をなでる。
男根を出し入れするときにも、この部分をこするのが良い。
(中略)
また交わりながら、さねの上(図の性器の陰核の周辺)を押すのも良い。

“玉門の中の袋の部分の下側”とは、図中で棒線で示されている箇所である。おそらくは膣の入口に近い部分に存在し、指で触るときも男根を挿入するときも、この辺りを触ると気持ち良くなるそうだ。入口部分が性感帯の方は気持ち良いかもしれない。

春画月岡雪鼎《婚礼秘事袋(こんれいひじぶくろ)》

月岡雪鼎の《婚礼秘事袋(こんれいひじぶくろ)》でも指弄の方法が書かれており、図中の上の穴を小便が出る穴、その下の穴の奥に「子つぼ」があると書かれている。

さね(陰唇)の裏をよく撫でてから陰道(膣)の上側を軽く刺激する。
この図の指で刺激している部分を男根でこするのも良い。

春画渓斎英泉《閨中紀聞/枕文庫》

ご紹介してきた《艶道日夜女宝記》は1764年頃の出版なのだが、上図の渓斎英泉《閨中紀聞/枕文庫》は1822年頃の出版である。年代が変われば書かれている情報に変化があるようで、上図の指弄についても読むと、

最初、割れ目の辺りから毛の生え際をなで下ろし、肛門を避けて膣の入口を指先で長い時間いじる。中へ指を一本入れて上の方を強く指の腹でかき撫でる。
性器が濡れてきたら二本の指を挿入し、ぐるぐるとかきまわし、ぐっと奥の方へ指を入れる。中でナマコのようにひくひくするものがあれば、いつまでも浅く深く触るべし。
もし女性が気持ちよさそうな様子であれば、二本の指先で子つぼを触るにしたがい、 子つぼが動き、火のように熱くなる。
そのとき充分な美快液(よがりえき)が出ていることを確認し、男根を挿入する。
女性をしっかりと抱きしめ、それ以降は互いの心のままに続けるべし。

今度は指の数を最初は一本にして、同様に上の方を指で刺激するようだ。