人の体を丁寧に扱えてる?セックスが下手くそな人もこの2点で上手くなる!

セックスが下手くそとは?

セックスが下手くそな人、結構いますよね。「セックスが下手」とは具体的に何を指すかというと、キスが不快であること、オーラルセックスが雑でエロくないこと、手での前戯が荒くて痛いこと、とにかく激しくすればいいと思っていること、音を立てればいいと思っていることなどです。そこまで重症じゃなくても、全てにおいてやり方が微妙で気持ちよさも中途半端だったり、焦りから無意識に自分だけのペースで進めていたり、思い込みのテクニックをドヤ顔で披露したりするのも十分に「セックスが下手」だと言えます。

セックスが下手くそな人とそうでない人は一体何が違うんだろうと改めて考えてみた時に「経験値?いや、経験人数が多くても同じ人と長く付き合ってても下手なものは下手だし、本やプロの動画を見漁って知識をつけた人でも下手な人はいつまでも下手だもんな……結局はセンスか」と結論は出るんですけど、何だか腑に落ちないなと思っていました。だってセンスなんて頑張れば備わるものではないから絶望的じゃないですか……。もっと根本的なことが違うのではと考えてみた結果、《他人の体を丁寧に扱えているかどうか》。これに尽きると思いました。

はじめに挙げた「セックス下手」の特徴であるキスが不快というのも、相手の口の周りに唾液がつくことも考えずに唾液をべちゃべちゃに付けてしまうこと、手ての愛撫が荒くて痛いのも、竿の包皮をどこまで下ろせば裏筋へ負担がかかるのか考えずにガシガシ動かしてしまうこと。全て、他人の体を丁寧に扱えていないからやってしまうことなんじゃないでしょうか。

セックス下手が上手くなるためには

他人の体を丁寧に扱わないことでセックス下手になっているのなら、次の2点に気を付けてみるといいと思います。

①相手の体を自分の体だと思って扱ってみる

相手の体に触れる時に、自分の体だと思ってみると全てが変わってくると思います。どう触れられたら心地良くて、どう触れられたら不快なのかを考えながら進めていくということです。相手が異性だろうが同性だろうが、体のほとんどの場所は構造が同じですし、パンツの中のエリアが敏感であることも共通しているので難しいことではないと思います。

そうすれば、キスするにしても口の周りがべちゃべちゃにならないように気を配るはずだし、手コキをするにしてもガシッと掴んでガチャガチャ擦ることは絶対にないですよね。「どんな風に触れられたら温かさとか心地良いゾクゾク感を感じるだろう」「どんな風に触れたらウザいかな」とひとつひとつ想像しながら触れてみてください。

それを繰り返していくと、自分が触れたことに対する相手の反応にも敏感になるはずです。

前後の連載記事