初夜で使えるベッドテク3!すべての体位で曲線美をフル活用

手探りで行う初夜作業はその後の彼との関係性を左右する運命の分かれ道。ご無沙汰気味の女性も、そこそこ男性経験を重ねてきた女性も、OLIVIA流「男性に好印象を与える3つの初夜のベッドテクニック」をマスターして、セックスでしか味わうことができない快感と感動を分かち合いましょう!

 大好きな彼との初めてのセックス。
ムダ毛の処理を済ませて、勝負下着に身を包み、お肌のパックもOK!
あとは、彼に身を委ねるのみ。
手探りで行う初夜作業は、待ち望んでいた感動のひとときでもあり、その後の彼との関係性を左右する運命の分かれ道でもあります。

 ここで気になるのが、初夜のベッドテクニック。
ご無沙汰気味の女性であれば、「えっと…、どこをどんな感じで攻めるんだっけ?」
そこそこ男性経験を重ねてきた女性であれば、「どこまで自分を出しちゃっていいの?」

初夜は、自前のテクニックを足したり、引いたりするさじ加減が重要です。
今回は、OLIVIA流「男性に好印象を与える初夜のベッドテクニック」をご紹介します。

初夜テク1:初夜は、オフェンスよりディフェンスを意識して

OLIVIA 21世紀ラブグッズの旅 ラブグッズ オナニー ひとりエッチ
by KaylaKandzorra

「この子のセックスは、他の子とはひと味違う!」と大好きな彼に一目置かれるために心掛けることは、オフェンス(攻め)よりもディフェンス(受け身)。

「彼に気に入られたい」「彼を喜ばせたい」と願う女性は、どうやら献身的な攻めに走る傾向があるようです。
もちろん、それ自体は悪いことではないのですが、献身愛がにじみ出すぎると芸が臭くなってしまうんですよね。

 男性は自分が気持ちよくなりたい一方で、「彼女を自分のテクで喜ばせている状況」に酔いしれたい心理があります。
そこで、私は初夜から10回目のセックスくらいまでは、相手のセックスの仕方を研究する期間にしています。
相手の一挙手一投足に気を配り、あうんの呼吸で官能的なリアクションを示すことに集中します。

 また、日々、感度を上げるためのソロ活動に勤しんでおくと、相手のどんな球も打ち返せるようになります。
愛撫のキャッチボールをしていくうちに、「こんなに彼女を感じさせちゃっている」状況に男性としての自信をみなぎり、あなたとのセックスに好印象を持ってくれるでしょう。
男性経験が豊富に見られがちな女性ほど、このアプローチは有効です。