• sex
  • 2017.12.31

オーガズムにエクスキューズは必要?2017年オーガズムシーンを振り返って思うこと

今年は健康や美容のための膣ケアに関する様々な著作が出版されました。オーガズムに関する注目度が高まっているのはうれしいことですが、まだまだエクスキューズはとれないのが現状。そんな2017年のオーガズムシーンを振り返りました。

 こんばんは!ラブライフ・アドバイザーのオリビアです。
2017年も残りわずかですね。
新しい年を迎える準備はできていますか?
オーガズムフルな1年になりましたでしょうか?
年内最後のコラムなので、日本女性の「オーガズム」について、語ってみたいと思います。

美容と健康のための膣ケア

画像
by Similar

 今年は、美容・健康の観点で、デリケートゾーンのケアを取り扱った書籍を目にしました。
日本での植物療法の第一人者、森田敦子さんの「潤うからだ」では、フランス式のデリケートゾーンケアが紹介されました。
介護の現場でのデリケートゾーンケアやアンダーヘアの処理が老後の排泄介護にも影響するというお話は、かなりインパクト大で、毛や膣のケアの仕方を改めて考え直した方もいるのではないでしょうか。

 原田純さん著、たつのゆりこさん監修の「ちつのトリセツ」では、アーユルヴェーダ式のデリケートゾーンケアやオイルケア入浴が紹介されています。自分の指さえも挿入するのが痛いという著者の、会陰マッサージの実践レポートが衝撃的でした。読後、危機感を覚えた女性は少なからずいるはずです。
「年齢とともに膣壁が薄くなり、凸凹がなくなってくる」という記述に、思わず自分の膣に指を入れてチェックしました。

 ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさん著「ラブ・ダイエット」では、スキンシップやセックスにまつわる様々な研究調査を引き合いに出しながら、セックスやマスターベーション(セルフプレジャー)によって、心と体の感受性を高める方法について説いています。

オーガズムにエクスキューズな必要な女性達

 三冊の本を拝読させていただき、このような著書が増えてきて、感化された女性達が性生活をもっと重要視して、ハッピーなオーガズムを体験出来るようになるといいなぁ…と思う反面、「美容のため」「健康のため」「妊活のため」と、エクスキューズをつけないと、オーガズムを受け入れることが出来ない日本の女性の性や体に対する現状を目の当たりにしました。

 私自身も、セックスやマスターベーションを語るときは、多面的です。
「モテ」「男ウケ」に寄ってみたり、セクシャルヘルス寄りにしてみたり、女性性の開花としてのマスターベーションを提案したり、「だから、セックスってあった方がいいよね」「だから、自己開発してもいいんだよ」と安心させながら、性を語るようにしています。

あなたのためのオーガズムフルライフ

 本当は、オーガズムやセックスのメリットをわざわざ取り上げなくても、肌の触れ合いの心地よさや快感の波に身を委ねる体験を楽しんだり、膣まわりを大切にする女性が増えればいいなと思っています。

 真摯にオーガズムに向き合えば、パートナー選びも慎重になるし、月経やデリケートゾーンの不調にもいち早く気づけるようになるし、自分の心や体の在り方に敏感になります。
自然と美容や健康、心地よいパートナーシップにも繋がっていくと思っています。

 これからもこのコラムが、女性達のごきげんな毎日のお役に立てますように。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします!

Text/OLIVIA

次回は<ローションをライバル視する男性はセックス素人?男性用と女性用ローションの違い>です。
濡れない女性器、勃たない男性器……セックスのそんな気まずいシーンを乗り越えるときに重要なのがローションの使い方!「濡れない女性のためのもの」だとしか思っていないならまだ素人。いろんな使い道を知りましょう!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。
今月の特集

AMのこぼれ話