双子対談「男の幻想を砕け!セックスするのに意味なんかない」元モデル・アルテイシア弟の性事情(4)


「普通の男子の本音を知りたい」
そんな女子の声に応えてスタートしたこの連載。

 3人目のゲストは、私の双子の片方である実弟K(38歳、出版関係)

 幼少期から「双子なのに見た目も性格も全然違う」と言われてきた私たち。
弟は岡田将生似のイケメン(身長180cm)で、若い頃はモデルをしていました。
性格は穏やかで物静か、草食を通り越して植物のような存在感。
そんな彼とディープに語りました♪

 前回の<「老舗ホストクラブで目撃したドロドロの舞台裏」(3)>もどうぞ。

【第4回】カラオケに行く感覚でセックスする女たち

アルテイシア 魁!セックス塾 童貞 イケメン 草食
mattcameasarat


アルテイシア(以下、アル):キミはセックスに価値をおいてないし、「大勢の女とヤレる俺ってスゲえ」的な虚栄心も皆無なんだね。

K:そういうのを誇る男はバカだと思う。

アル:「俺こんなにポケモンカード集めたんだぞ、スゲーだろ!」って自慢する子どもと同じだよね。おまえ自身の実力で勝負しろよっていう。

K:女性で数を誇る人は少ないよね。

アル:基本ヤリマンは叩かれるから、秘密裏に活動している。で、仲のいい女友達とだけ「こんな男とヤッてさ~」とネタにして盛り上がる。
女は自慢より笑いに持っていくよね。

K:アルの女子会に呼ばれた時も、みんなあっけらかんと語っていたよね。で、トークがすごく面白かった。

アル:私の友人はお笑い系のポジマンが多いから。

K:僕はセックスに興味がないから、素朴な疑問として「なんで好きでもない男とするんですか?」と聞いたら「特に意味はない!」とキッパリ返された。

アル:そう、ポジマンはセックスに意味をおいてない。
「女として求められたい」「自己承認されたい」みたいなのは一切なくて、カラオケに行くような感覚でやってる。

K:たしかにカラオケには意味も目的もないもんね。「精神的な穴を埋めるため」的な言われ方をよくするけど、そういうのはないんだ。

アル:それは男の幻想だと思う。「女は意味がないとセックスしないはず」っていう。
色んな男としょっちゅうカラオケに行っても「単にカラオケが好きなんだ」で済むけど、それがセックスになると「病んでいる」とか言われるでしょ。

K:江戸時代とか、祭りの夜にパーッとヤリまくってたらしいけどね。
明治に欧米のキリスト教的価値観が入ってきて、「生殖目的以外のセックスは罪」って考えが根づいたんだよね。

アル:そうそう。江戸以前は性について大らかだったらしいよ。
やたら精神的なものと結びつける人は、セックスを特別視しすぎだと思う。
男の物書きがよく「セックスで自我を壊す」とか書いているけど、「なに言ってんだ」と思う。
そう言うと「キミは本当のセックスを知らない」と返されるので、面倒だから黙っているけど。

K:それも男の幻想じゃないかな。「男と女は違う、女にとってセックスは特別」っていう。
自分は遊びまくっていても、彼女が遊ぶのはイヤって男も多いし。

アル:女には貞操観念を押しつけるんだよね。
だから女は男みたいに公言しないんだよ。300人斬りの女友達も「経験人数は5人」とか虚偽申告しているし(笑)。でも、男はあっさり信じるよね。

K:それが謎なんだけど。接待でキャバクラに行ってキャバ嬢が「今まで付き合った彼氏は3人、彼氏以外とはセックスしてない」とか言うと、男はコロッと騙される。
僕は水商売をやっていたし「営業トークに決まってるだろ」とわかるけど、他の男は「遊んでるっぽい子の方が意外とマジメなんだよな」とか言ってて「なんて単純なんだろう」とびっくりする。

アル:男は自分の見たいように世界を見るのだよ。というか、都合のいい見方しかできないのだよ。
ヤリマンがヤリマンを隠すのは「俺にもヤラせてよ」とかいう男が湧いてきてウザいのもあるんだけど。
そもそもヤリマンはセックスの相手に困ってないんだから「なんで貴様とヤラなきゃいけねえんだ、バカか」と思うわけで。
そんなこともわからないなんて、脳みそが残念すぎると思うぞ。