【体験談】「俺、舐めるの好きかも…」電気をつけたクンニに彼がハマる秘密とは…?!

PR
LCラブコスメ ラブグッズ LCジャムウハーバルソープ クンニ

彼氏ができた! でもエッチが不安な理由は……

2年ぶりに彼氏ができた! 久しぶりに彼氏ができて、うれしい反面、「ある不安」がよみがえってきた。(ああ、アソコの色、どうしよう……)

私は昔から、バストトップやデリケートゾーンの色が気になっていた。バストトップに関しては、友達とお風呂に入ったときに気のせいじゃなかったと確信した。明らかに、みんなより黒ずんでいる。デリケートゾーンは比べられるものではないけれど、やっぱり黒ずんでいるほうなんじゃないかと思っている。今まで付き合った男性に指摘されたことはない。でも、遊んでいないのに遊んでいると疑われるんじゃないか、下着を脱いだ瞬間ガッカリされるんじゃないか、舐めたくないと思われるんじゃないか……そんな不安をずっと抱いてきた。

そんなとき、幼馴染みのミヤコと久しぶりにランチをした。ミヤコと私は何でも話せる仲。ほかの人には絶対言えないなーと思いつつ、黒ずみについての悩みを打ち明けると、「まさか同じ悩みを持っていたなんて!」と、ミヤコも驚いていた。「今まで内緒にしてたけど、いいものを教えてあげる!」ミヤコはスマホで、「LCジャムウハーバルソープ」というデリケートゾーン用の石鹸が載っているページを見せてくれた。 「黒ずみの汚れもケアできるし、臭いの汚れも洗い流せるんだ。泡立てて3分間パックするだけだよ」ミヤコが胸を張って言うのなら、期待できる。私は帰宅する電車の中でさっそく購入した。

大好きな彼にガッカリされたくない! その一心で……。

数日後に家に届いたソレは、見た目は普通の石鹸だった。早速、ミヤコが言っていた3分間パックを試してみることにした。

(さすがに1回じゃわからないな)というのが、正直な感想。でもこういうことって、続けるのが大事なんだろう。<彼はクリスマスに、私の家に泊りに来ることになっている。それまで毎日続けることにした。面倒だと思うこともあった。でも、(彼にガッカリされたくない!)その一心で、がんばった。

いよいよクリスマスデートの夜がやってきた。彼はベッドで隣に座ると、 「今日、いつもより色っぽい……」私の肩を抱き、顎をくいと上げてキスをしてくる。

「ん……っ」スマートなように見えて、激しいキスだった。少し強めに吸いながら、舌を絡みつけてくる。ずっと私とこうしたいと思ってくれていたんだな……そう感じられるキスだった。そのまま、押し倒される。

「電気、消してほしい……」
「このままじゃダメかな」
私のお願いを、彼は微笑みながら拒んだ。

(え、えええっ!)

「キレイだから、よく見ていたいんだ」
まさかの展開。ここまで明るい状態でエッチすることになるなんて。これじゃ、黒ずんでいるのがわかってしまう。そんな私の焦りをよそに、彼は私の薄いレース地の勝負下着を、プレゼントのリボンをほどくような手つきで脱がせていく。

(がっかりされたらどうしよう……)期待のドキドキと不安のドキドキ、二種類のドキドキが胸に広がっていく。

前後の連載記事