彼のクンニが無限すぎて「もうダメ…」アソコを攻めつづける理由とは?

PR
LC LCジャムウ 石鹸 クンニ

 彼から「愛されている…」をもっとも感じるのは、舌を使って全身を丁寧に愛撫されているとき。肌を這う舌の熱くて柔らかい感触はボルテージを高め、その後のオーガズムへと導いてくれます。
なかでもいちばん敏感なアソコをじっくり丁寧に舐められたときの気持ちよさは、理性を吹き飛ばしてしまうほど。自分の恥ずかしい部分に顔をうずめ、むさぼるように激しく舐める彼の舌使いを感じながら迎える絶頂は、最高に幸せな瞬間ですよね。そんな“クンニ”によるオーガズムと愛されている悦びを毎回のセックスで感じられる女性には、どんな秘密があるのでしょうか?

「ずっと舐めていたい」って、何度も求められて……

去年から上司とお付き合いが始まりました。初めてのエッチのとき、「ふみのアソコ、全然嫌なニオイがしないし色もとってもキレイ。ずっと舐めていたい」と言ってくれて…。それ以来たくさんクンニをしてくれるし、何度も求めてくれます。ある時彼に「この石けんは何用? ボディソープは持って来たよね」と、何気なく聞かれたので…勇気を出して、デリケートゾーン石鹸のジャムウのことを正直に話しました。

すると彼が「そんなこと全然気にしなくていいのに…でもそうやって俺のために努力してくれてる姿がすごく可愛い。本当うれしいよ」と今まで以上にたくさん愛してくれるようになり、自分も心から感じれるようになりました。それ以来、自信を持って彼と愛し合うことができ、先日、ベッドで抱きしめられながらプロポーズを受けました!! 4月に入籍することになりました!(ふみかさん/24歳/弁護士)

こちらの体験談は、LCラブコスメユーザーの「ふみかさん」が実際に 『LC ジャムウ・ハーバルソープ』を使用したときのエピソードです。いつでも彼の舌で愛されても大丈夫な自信のあるカラダを手に入れたことで、彼とのエッチまで充実し、ベッドの上でプロポーズまでされるなんて、羨ましいですよね。 「ふみかさん」のように、自分のアソコがニオっていないか気になるという女性は多いもの。では、実際にクンニをする側の男性はどう思っているのでしょうか?

LCラブコスメの調査によると、71.3%もの男性が「エッチの最中、女性のデリケートゾーンのニオイが気になったことがある」と回答しています。

「あまりの臭さで彼女に言えなかった」
「どんなに好きな子でもあのニオイは我慢できない」
など、下着をおろした瞬間にもわっと漂うあの独特のニオイが原因で、エッチへのモチベーションが一気に下がってしまった経験が男性には多いようです。そして、男性はニオイが気になっていたとしても、ほとんど女性にそのことを伝えず我慢しています。

とはいえ、LCラブコスメの別の調査ではなんと86%もの男性が「クンニが好き」と回答しています。なかでもアソコを見られて恥ずかしがる彼女の姿はたまらないようで、「感じてくれるほど、もっと気持ち良くしてあげたくなる」「見ていて興奮する」と、本音では男性はクンニが大好きで、たっぷり濃厚なクンニをしたいと思っていることがうかがえます。“クンニ”は女性にとって愛されている実感と、オーガズムを感じるために大切な愛撫。男性にとって“クンニ”は、自分の舌で感じている姿をじっくり見られるたまらない愛撫。つまり、本当はお互いにとって“クンニ”は最高の愛撫。アソコのニオイ問題さえ解消されれば、思わず「もうダメ」と漏れてしまうほどのクンニ攻めも夢ではないということなんです!

前後の連載記事