女AV社長による、女性のための性欲解体新書

高速テクはNG!?女AV社長による彼氏をエロメンに育てる方法

女性向けAVメーカー「シルクラボ」の社長を務める牧野江里さんのコラム記事。会議で結論をすぐに求める男性に感じるイライラから、セックスに求めるものの男女差にまで話はふくらみます。相手が一徹くんじゃなくても、女性の心を離さないエロメンになる秘訣を男性の皆さんも習得してみませんか?

女はストーリー性を求め 男は具体性を求める生き物…!?

牧野江里 シルクラボ AV エロメン AM 手マン
©by againstthebrillianc

 男性と打ち合わせしていると、よく「結論から話せ」と言われます。
私からしたら、この過程が大事なのに!と思っての話の流れだったりするのですが
どうも男性にはそこを理解してもらえない気がします…。

 女性だけの打ち合わせだと、最初は一体それ何の話題?って位に脱線しまっていても、最終的にはその脱線話もまとめに必要な過程だった!ということになります。井戸端会議も必要悪…といいますか。
しかし、そこに男性が加わると一転、イライラされて結論を迫られます。

 私の周りだけなのでしょうか?

 とかく男性にイライラされてしまうんですねえ。うっ(涙)
男とか女じゃないだろ、って言われそうですが、過去に肌で感じた傾向です……。

 このあたりも男性のとりあえずブチ込みてえ!感が現れている気がしませんか?
勃起が冷めやらぬうちに…!!
でも待って!!私濡れてないんですけど…ってああ痛っ!!!!みたいな…。

 最近もっぱら男女差を感じます…別にそこをどうしたいとか、男の考えを改めさせたいとは思わないのですが
一体どうしたら和解できるんだろうという悩みを抱えております。
とはいえ、文句を言ってみたところで何の解決にもならないので、とりあえずは和解に向けて話を進めていきたいと思います。

 女性はセックスに「ストーリー性」を求める傾向が強い生き物…。
それに比べて男性はそういう周りくどいことよりも、もっと「具体性」を求める傾向が強い生き物…。

どうにかしてこの間をとるのが私の使命…。

 そんなわけで、今回は男性と一緒に読んでほしい内容を書きます。
女性のみなさんも、私もそう思う!とか、ちょっと違う!とかどんどん意見して、パートナーと議論していただければ嬉しいです。