なぜ2回目デートに誘われないの?歯医者みたいに次回予約を取り付けたい

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、2回目デートの実現に試行錯誤している女性って誰?」
担当編集I嬢:「途中、死ぬほどむせたのが原因かなって反省してます」

今週のテーマは「2回目デート」です。単なる「デート」ではなく「2回目デート」って部分がポイントでして。就活に喩えるなら「二次面接」ってやつですな。

履歴書やエントリーシートによる書類選考から一次面接へ辿り着くのは、割とカンタンです。難しいのは一次面接から二次面接への第2ステップ。これ、男女の恋愛も同じなんですよね。出会い方がアプリであろうと紹介であろうと合コンであろうと、そこから1回目のデートは割とカンタンです。難しいのは1回目から2回目への第2ステップ。

むろん、1回目デートが明らかに盛り上がらなかったとか、帰宅してから歯に青ノリがついていることに気付いたとか、先にセックスしてしまったなど、明確な原因があれば2回目に繋がらないのも無理はありません。そうじゃなく、それなりに良い雰囲気だったはずなのに何故か2回目デートに繋がらないと悩む乙女のなんと多いことでしょう。

なぜ2回目デートに誘われないの?

今こそ全ての日本国民に問います。

2回目デートに繋がらない元凶はどこにあるのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「歯医者の受付嬢は確実に次回予約を取り付ける名人」とか「すっぽかしたいのはやまやまだが歯痛には耐えられないからなぁ」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。2回目デートに繋がらない元凶は……!? 

「男性側の燃え尽き症候群が原因」です。

燃え尽き症候群とは、とある関心事を達成した直後に生じる虚脱感のこと。オリンピック選手が、メダル獲得などの偉業達成後、これまで通り練習に打ち込むモチベーションが低下するという話を聞いたことがあるでしょう。これぞ燃え尽き症候群です。メダル獲得の瞬間、燃え尽きてしまったのでしょう。これと同じ現象が、一般男性にも起きているのです。

前後の連載記事