なぜ結婚前に同棲すべきなの?1980円のスカートみたいには買えない

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、結婚に向け同棲を検討中の女性って誰?」
担当編集I嬢:「今は一緒に住む理由がたくさんあるのでチャンスですね」

今週のテーマは「結婚前の同棲」です。単なる「同棲」ではなく、あくまでも結婚前提のうえで……って部分がポイントかな。

一般的な定説として、結婚前には同棲期間が必須とされています。同棲期間を設けずに結婚を決断するのは、試乗せずにクルマを買うようなもんだと。

クルマは100万超えの高い買い物。1980円のスカートを試着せず購入し、イマイチ穿き心地が悪かったとしても、まぁ諦めはつきますが、クルマとなるとそういうわけにはいきません。198万円で購入したクルマの乗り心地がイマイチだったら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

この理論で言うと、普通の付き合いが洋服購入みたいなもんで、結婚がクルマ購入みたいなもん……ってことになりますね。普通の付き合いなら、いざ付き合ってイマイチ相性が合わなかったとしても、カンタンに後戻りできます。別れりゃ済むわけですから。しかし結婚ともなると、いざ入籍してイマイチ相性が合わなかったとしても、そうカンタンに後戻りできません。

結婚前の同棲をおすすめされる理由

今こそ全ての日本国民に問います。

なぜ結婚前に同棲すべきなのでしょうか?

そんなことも知らずに、やれ「結婚資金が貯まりやすいからだろう」とか「家賃7万のワンルームで1人暮らしするより、家賃10万の2DKで同棲するほうが生活の質が上がる」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。結婚前に同棲すべき理由は……!? 

「生理の経血でシーツを汚すこともあると知ってもらうため」です。

某インターネット掲示板で「大人になった今でも生理の血でシーツを汚すことがある」「大人になったら生理の血でシーツを汚すことはなくなると思っていたのに」というカキコミを読み、めっちゃ共感したミカコちゃん。皆もそうでしょ、ねっ! ねっ! 

前後の連載記事