「俺、Sだよ」と自称する男性はどういうつもり?自称ドMは少ないのに

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、男性がSかMか重視している女性って誰?」
担当編集I嬢:「どちらも自称しない人の方がガチもん説ありますよね」

SかMか……合コンの鉄板トークですよね。名前や勤務先、趣味などひと通りの自己紹介が済み、小一時間ほどの雑談タイムや席替えを挟み、ぼちぼち酒もだいぶ進んできた頃にワイ談として登場します。

女性側の回答は実にバリエーション豊か! MどころかドMを自称する者もいれば、「自分ではわからない」とカマトトぶる者もいれば、「SでもMでもないニュートラルのN」と主張する者も。皆、恋愛コラムを読みあさり、各々にとってのベストアンサーを用意しているのでしょうね。

では、男性側の回答はどうでしょう。いじられキャラの男性が、「コイツはMだぜ」と仲間から茶化されるケースを除いては、自ら「ガチなMです!」と公言する男性はあまり見たことがないかも。一方で、「どっちかって言うとS」「けっこうS」を自称する男性にはちょいちょい遭遇します。

「Sだよ」と言う男性が多いのは…

今こそ全ての日本国民に問います。

自称Sと主張する男性はどういうつもりなのでしょうか? 

自称Sの男性の心理

そんなことも知らずに、やれ「SはSでもサービスのSなのかな」とか「サービスのSってことは1時間以上クンニしてくれるのかな」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。自称Sと主張する男性たちは……!? 

「アナルセックス狙い」です。

アナルセックス狙い

性に対して貪欲な女性でも、アナルセックスだけはご勘弁というタイプは非常に多い! アダルトグッズもウェルカム、ハメ撮りもウェルカム、3Pなどの複数プレイもウェルカムだけど、アナルセックスだけはNGってやつですよ。痛そうだし、チンチンにおみやげが付着しちゃったら恥ずかしいし、経験者の女友達から「行為後、半年間は屁が『すかし』になる」って聞いているし……。

前後の連載記事