Loading...

夫にあだ名をつけよう。夫婦円満に大切な6つの要素とは?/中川淳一郎

中川淳一郎コラム

今回のテーマ「夫婦円満に必要なもの」
昔から「夫婦円満には『3つの袋』が大切だ」などと言われていますが、時代も変わってきていますし、円満の秘訣も変化があるのかが気になります。中川さんが「3つの◯◯」を選ぶとしたら何になるのか、夫婦円満の秘訣を教えてください!

夫婦円満に大切な6つの要素

よく、「共通の趣味がある方がいい」とかいいますが、多分それよりも大切なものがあります。趣味なんてカネが続かなければできないですし、どちらかが飽きてしまえば一緒にできない。趣味については「趣味仲間」がいればいいだけで、配偶者にそれを求める必要はありません。

我が家は多分すごく仲がいいです。それはなぜかを考えてみたところ、以下の理由があります。「3つの○○」には収まらないのですが、以下の要素が重要なのかと思います。

【1】お互いに家が猛烈に汚くても気にならない
【2】同じ職業(ライター)であり、互いに休みがないので「どこか連れて行って~」みたいに思うことがまったくない
【3】金銭感覚が同じ(たとえばブロッコリーが250円以上だったら絶対に買わない、とか)
【4】物欲がまったくなくインスタ映えするような生活をしたいと思わない
【5】嫌いなものが共通(行列、パリピ、一気飲み、騒がしい人)
【6】趣味がまったく違う(互いに違うことをやっていても気にならない)

こうして並べてみると、ポジティブなものは特にないんですよね。【1】は特に重要だと思います。何しろ生活の場所が「きれいでないとイヤ」「汚くても構わない」という両極端な考えになると本当に口論ばかりになります。ここでは「汚くても構わない妻」「きれいでなくてはイヤな夫」という設定でいきます。こんな会話になります。

夫:なんでこんなに散らかしているんだよ! テレビの裏だって埃だらけじゃないか!
妻:別にいいじゃん。普通に生活できてるでしょ?
夫:お前の方がオレよりも家にいる時間が長いんだから、掃除ぐらいしてくれよ。
妻:「掃除ぐらい」って言うけど、私、掃除苦手なのよ。やりたくない!
夫:オレは耐えられないんだよ! この汚い状態がさ。そこも分かってくれよ。
妻:じゃあ、あなたが耐えられないんだったら自分でやればいいじゃないの。
夫:いや、オレは家にいないことが多いからやってくれないか、と言ってるんだ。
妻:家にいないんだったら別に汚くてもいいじゃない。

ここまで来たら後はボコボコの殴り合いのごとき言論バトルになってしまうことでしょう。もちろん「キレイなのが好きな2人」が最高なのですが、「汚くても構わない」人が一人いるだけで、家庭生活は崩壊してしまうのです。よって「汚くて構わない2人」はナイスなマッチングなのです。とにかく「清潔度」については共同生活をするにあたってはとんでもなく重要な要素となります。

前後の連載記事