Loading...

ノーセックスで急接近できる!東京デートプラン6つ/中川淳一郎

楽しいデートプラン

今回のテーマ「ハチャメチャに楽しいデートプラン」
前回は初サシ飲みでしたが、やはり健全にデートもしたいです。ノーセックスで距離を縮められる、都内のデートプランを教えていただけますでしょうか?

気合いMAXのデートは続けられない

「距離を縮められる」ということなので、初デートか2~3回目ってことにしておきましょうか。初デートって気合入れて東京ディズニーリゾート行って夜は予約が取れない一人4万円の寿司屋、みたいなことをやりたくなる方も3%ぐらいはいそうですが、多分これは続かない。

最初にMAXの手を出してしまい、あとはそれ以下のカネしか使わないプランが次々と出てきて「あれれ……」と思われてしまう。神田うのの夫・パチンコチェーン社長の西村拓郎氏だったら結婚式を6回やったり、温泉に行くだけでヘリコプターに乗せたりしてうのを感激させることもできるでしょう。前澤友作氏も剛力彩芽と一緒にプライベートジェットに乗ってロシアでサッカーワールドカップをVIP席で見たり、パリコレを観に行ったりといったデートが可能です。

でもね、普通はそんなのあり得ないので、大切なのは男も女も無理しないデートなんですよ。で、もしかしたら今回は普段とは異なり男性向けと思われるかもしれません。「デートコース」ですから。ただ、別にデートコースなんてもんは女性が考えてもいいわけです。女性から男性に「この流れでどう?」と言ってしまってもいい。実際、以下、紹介するのは女性が考えてくれたものもあります。

女性が考えてくれたものでグッとくるのは、彼女が運転をしてくれるパターンです。運転ができる女性のことは運転が苦手な男(私はそうです)から見れば輝いて見えます。

さて、初デートで重要なのは、「場面が次々と転換する」ことだと思います。初デートというものは、合コンや職場で「いいな」と思った人と初めてサシで飲むことではなく、その次、昼間から夜までどこかで遊び、最後に食事をする、ということである、と取りあえず定義します。

東京ディズニーリゾートだと何しろ行列がすごいんですよ。一旦会話が止まってしまったらどうしていいのか分からなくなってしまうのが初デートです。その点、場面がバンバン変わるようだったら、その気まずい状況は回避できます。
だからといって映画はダメです。距離を縮めるには何はなくとも喋ることが大事なので、映画を観に行ってしまうと2時間以上無言が続くことになるのですから。

ハチャメチャに楽しいデートコース6プラン

というわけで、これまでに経験して非常に楽しかったコースです。まぁ、気になる相手だから楽しかっただけ、なのかもしれませんけどいくつか紹介します。いずれもあまりお金はかかりません。

1:吉祥寺歩き&飲ん兵衛ツアー

吉祥寺駅で待ち合わせをし、井の頭公園へ。入口近くの焼き鳥店「いせや」に行ってもいいですし、井の頭公園内の茶店風な店「井泉亭」もいい。こちらでは、ビールとおでんなんかが食べられます。
井の頭公園を散策したら、井の頭自然文化園へ向かいます。まずは水生物館へ。かわいいカエルとかいますし、何より私が好きなのは川魚がたくさんいるところなんですよね。イワナとヤマメが大量に泳ぐ姿はいやぁ、こりゃウマそうだ、と思うこと間違いなし。

そして、動物園ですが、こちらもサルを見ていると飽きないし、彫刻園では、長崎の「平和祈念像」の原型を観ることができます! 高さ9.7m。巨大なものが好きな人には満足できることでしょう。動物園の中でも売店があるので、そこでビールと簡単なつまみを買うことはできます。

さて、ここまで来るともう夕方になってきましたね。吉祥寺はいくらでも飲み屋はありますが、ここは北口のハモニカ横丁へ行ってみましょうか。私が好きなのは、アヒルビアホール。サッポロ黒ラベルの生を飲みながら、ブロッコリーを茹でただけのものに塩とオリーブオイルをかけて食べるのですが、これがウマいんですわ。1Fのカウンターで他の客が来たら詰めたりして、2人の距離は段々と近づいて……。

2:北川温泉(東伊豆)→湘南平

東伊豆町の北川(ほっかわ)温泉には、「黒根岩風呂」という海岸の露天風呂があります。そこに3歳年上の美女から「ねぇねぇ、今度一緒に温泉行こうよ。日帰りで行けるんだけどさぁ。あと、途中、私が行きたい店があるのでそこでランチしようよ。車は私が出せるからさぁ」と言って誘ってもらえました。

一緒に仕事をしている別会社の女性だったのですが、2人して有給休暇を取りました。彼女に横浜にて車でピックアップしてもらい、そのまま伊豆にGO! 途中、山道に実に素敵な洋食の店があるそうで、そこでランチを食べたいと彼女はいいます。「伊豆までの道にはさぁ、こういったかわいいお店がけっこうあるんだよ」とのことで、車を停めて小高い場所にある道を上がると海が見渡せる抜群の景色のレストランが! 1000円ちょっとでサラダ、スープ、メイン(魚or肉)、コーヒーのランチを食べられました。「あなたはビール飲んでいいわよ」と言われ、私はビールを飲みました。

その後は北川温泉へ。平日なので空いています。熱海の絶景を左手に見ながらひなびた温泉街へ向かっていきます。そして北川温泉にさほど時間はかからず到着。今、口コミを見てみると黒根岩風呂は男女別となっていますが、かつては混浴でした。ここで波がばっしゃーんと打ち寄せる中、風呂に入ってのんびりとした時間を過ごすのでした。

しばらく入った後、近くのホテルで私はビール、彼女はコーヒーを飲み、いざ帰路へ。帰りに「湘南平」へ行き、神奈川の若いカップルだったら誰でも知っているという(彼女談)「テレビ塔」へ。そこには数々の南京錠がついていますが、これは愛を誓うものだそうです。このテレビ塔から見る夜景は実に見事で、この日のデートのクライマックスとなったのでした。

前後の連載記事