Loading...

「元恋人に連絡しちゃった…」心がズタボロでやらかしてしまいそうな日の対処法/葭本未織

こんにちは、現在心がズタボロのボロの葭本未織です。

葭本未織さんの写真 撮影:一ノ瀬伸

なんでかわからないけど心がボロボロの日、ありますよね! わたしはいまそれです! せっかくだからこの瞬間にしか書けないことを書こうと思いパソコンに向かいました!
ということで今回は趣向を変えて、心がズタボロの日の対処療法3選です!

これは心がボロボロになり、ふだんなら絶対やらない元恋人、別れたセフレ、よくわからない関係の友達(意味深)etc……に連絡して、次の日さらに最悪な気分になるのを食い止めるための瀬戸際作戦です! 連絡しても全然元気なんだが? って人はやらなくていいです! 連絡をしたことを「やらかした~!」と思っちゃうタイプの人にだけおすすめします! つまり、やらかす前に別のことで気をそらして、やらかしを止めようぜ! という記事です。処方箋ではなく、対処法“案”。ではどうぞ!

①自己啓発本を買って書き写す!

地味におすすめです。自己啓発本じゃなくてもいいです。でも、フィクションよりかは、エッセイやノンフィクションのほうがおすすめです。やり方は簡単です。

≪好きな箇所に線をひいてください。参考書のごとく。そして好きな部分を、その本のページの余白に書き写してください。≫

わたしのおすすめは、新しく買った本よりも、もう持ってる・読んだことのある本でやることです。なかでも、自分がいいな~と思った本でやることをおすすめします。
ミソは、ノートに書き写すのではなく、その本自体に書き写すことです。
その理由は3つあります。

まずひとつめは、書き写すだけで、「これってもしかしてこういうこと?」と文章に対して自分なりの解釈が生まれてくるからです。良い文章というのは実は一つの意味だけを持つのではなく、幾通りもの意味を持つように設計されているのです。自分なりの解釈を持つことは、書かれた内容を深く理解することにつながります。深く理解すると、まるで自分が書いたかのように、体に内容がしみこんでいくのです。あなたが選んだ本はきっと、あなたを励ます内容のはずです。だからその内容がきちんと体にしみこんで、あなた自身を自然と励ますように、どうぞ書き写してください。

多くの自己啓発本は「××をやめなさい!」とは書いていますが、「代わりに○○をやったらいいですよ」とは書いてありません。それは、より課金してくれた人にだけ教えます! という商魂のたくましさが理由の場合もありますが、わたしは違う理由もあるんじゃないかなと思っていて。おそらく、多くの人に当てはまる解決方法を提案するのが非常に難しいからではないでしょうか。ダイエットや部屋の片づけなどは為せば成りますが、心の問題となると為せば成る! とはいきません。陳腐ですが、自分の手で自分の答えを探し出さなければならないのです。

さて2つ目の理由です。書き写すのをおすすめするのは、手を動かす中で答えを探すヒントがうまれるからです。過去に読んだほかの本の言葉。誰かから言われた一言。これまでの経験などが、手を動かすなかで思い出されます。そして、「もしかして○○をやれば△△になるのかな?」というひらめきが生まれるのです。ひらめいたことを臆さず本に書き込みましょう。本の内容とは直接関係ないかな?と思っても、文章を読んでひらめいたことならなんでも大丈夫です。書き込みましょう。あなたの本です。あなたしか読みません。これを繰り返すのです。

そして、3つめの理由ですが、同じように心がズタボロになった日にその本を開いてみてください。するとそこには、自分だけの対処方法案が書いてあるのです!
著者の文章と文章のあいだにはさまる、過去の自分からのプレゼント。同じように悩んだほかの誰でもない自分からの助言。それはくじけそうなあなたの心を強く励ますはずです。
大学受験の時、教科書を自分だけの参考書にしよう!と言って、たくさん書き込みしましたよね。自分の選んだ本でそれをやるのです。そうするとその本は自分だけの自分の人生の教科書になりますよ。

前後の連載記事