死ぬまでには観ておきたい映画のこと

大泉洋の優しさにドキッ!?離縁を求める女たちが駆け込んだ縁切り寺『駆込み女と駆出し男』

幕府公認の駆込み寺・東慶寺に離縁を求めてやって来る女たちの悩みを、戯作者に憧れる駆出しの医者・信次郎が次々と解決していく——。井上ひさしの時代小説を原案にした、大泉洋主演のコミカルな時代劇。

 昔々、あるところに、女の離縁を手伝う寺があった。
江戸時代というと、女は男に仕え、亭主関白がまるで当たり前のようなイメージ。事実、召使いのように命令され、虫けらのように虐げられた女性たちは、必死の思いで寺に駆込んだという。

 時代劇とはいえ、その女の生き様は現代に通ずる。誰の物にもならない女が力強く歩いていく道筋が、ここに何本も描かれている。そんな希望に溢れた人情エンタテイメント映画です。

     
たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 原田眞人 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 松竹 駆込み女と駆出し男 縁切り寺 離婚 離縁
©2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』など海外でも評価が高く、娯楽作品を多く世に送り出す原田眞人監督が、井上ひさしの時代小説『東慶寺花だより』を原案に映画化。江戸時代の鎌倉を舞台に、監督自身の初の時代劇に挑みます。

 主演は『探偵はBARにいる』『青天の霹靂』など、映画に限らず舞台やテレビで活躍する大泉洋。戯作者に憧れる駆出しの医者を演じ、愛嬌たっぷりの主人公に。
駆込む女に、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名という錚々たる顔ぶれが集い、樹木希林、堤真一、山崎努といった日本映画界に欠かせないベテラン俳優が重要な役柄で脇を固めます。


台詞回しが光る!縁切りを巡る男と女の悲喜こもごも


【簡単なあらすじ】
 江戸幕府公認の駆込み寺・東慶寺は、離縁を望む妻が駆込み、問題解決を手伝う拠り所だった。その御用宿・柏屋に居候する医者見習いの駆出し戯作者・信次郎(大泉洋)は、主人・源兵衛(樹木希林)とともに、駆込んできた女性の事情を聞き出し、再出発の手助けをしている。

 ある日、鉄練りの仕事をしているじょご(戸田恵梨香)が駆込んでくる。暴力をふるい、身勝手に振る舞う亭主と離縁したいと申し込む。彼女の顔は焼けただれた痕があり、信次郎は治療を施す。

 最初は信次郎に抵抗していたじょごの心は次第に打ち解けていき、その後もお吟(満島ひかり)、ゆう(内山理名)もそれぞれ事情を抱えて寺に駆込んでくる。信次郎は親身になって対応し、彼女たちの問題を次々と解決していくーー。