Loading...

(顔は良いのに話がつまらん!)初デートで見るべきポイント

こんにちは。ついに心が折れて先日Tinderを退会し1年ぶりにペアーズを開きました、oyumiです。

巷ではアプリで知り合った人と初めて会うことを「面接」だなんて呼んでいるそうですね。
まあ、実際に面接みたいなもんです。お互いが自分の求めている条件に当てはまるかチェックしていっているわけですから。(それにしても条件って言い方は苦手ですね、ほんとのことだけど……)

一見見た目は好みな相手とマッチングして、しかもメッセージのやりとりもテンポが良くて、いざデートが決まった!となっても、実際に会ってみたら写真と違った……なんてのは実はまだマシで。本当に面倒なのは、「見た目は良いのになんでだろう全然話が弾まない……」みたいな場合だったりするのだ。

最悪ですけど、写真と違うのを確認するのは何もきちんと顔を合わせなくたっていいですから。待ち合わせ場所より少し遠いとこでこっそり確認しちゃえばいい話。(最低だなあ、私はやったことないけど)

待ち合わせ場所に現れた写真と全然違う男のイラスト

とにかく、初デートで相性をチェックするならフィーリングは大事
なんやかんや、直感というものは自分の素直な気持ちです。
直感で覚えた違和感や不信感は、その後も続いていくことが多かったりしませんか。(私は割とそういうのが多いです)

そんなわけで、マッチングアプリ経由で2〜30人は会ってきて、なんとなく自分の中で「これは間違いないな」と思ったポイントを紹介していきます。

この人と自分は合う?見るべきポイント

1. 一目見たときの「自分の素直な気持ち」

「なんか違う」「無理かもしれない」とわずかに思いつつ、「いやちゃんと接すればいい人かも!」と思い直して、それで本当にいい関係が築けたことってない。私はない!!(あったらすいません)

単純に顔の造形が理想と違うケースもあるけれど、厄介なのは「顔はよく見ると好みなんだけど、体型とか服装から滲み出る人種の違いを感じる」というやつ。
自分が普段から苦手だなあと思ってるタイプや、好きだけど仲良くなれる自信がないなあと思っているタイプって、誰しもあると思います。

例えば私なら、大人数の飲み会で生ビール片手にでかい声で喋るサラリーマン。なんとなく肉のつき方でわかってしまうのだ。

それから、5ちゃんねるのなんJ実況板にいそうな男。よくわかんないけど、こういう人はだいたいキレやすい。キレ方も、前の人がレジでモタモタしてるときに静かに舌打ちしてしまう感じのやつ。伝わってほしい。

マッチングアプリを使ってると、普段なら接することのない人とも気軽にマッチングしたり出会えたりしますし、それが面白いところでもありますが、やっぱり自信を持って相手を選んでいいと思います。
友達だって、やっぱりどこか自分と似ている人を選んでいるものですし。無理なものは無理。友達にすらなれなさそうな人なら、なおさらです。

前後の連載記事