我に返った彼

正直なところ、彼の心はあなたに戻って来ないでしょう。
彼にとってW不倫はキャパオーバーだったのです。
でもやってみないと気付かない、気付けないことって
誰にでもありますよね。

気になる異性がいて、やり取りをしてみたら素敵で関係を持ってしまった。
会社であなたの働きぶりも見て好きになってくれたのです。
きっとあなたは仕事をしているときも素敵だったのでしょう。
若い女が幾百といる中で、あなたを素敵だなと思ってくれたのです。
その点については自信を持ってください。

ただ、実際に関係を持ってしまった後、
同僚の目、家族の目、会社の目、色々なことが気になり、彼は我に返ったのでしょう。
そして賢い彼はキャパオーバーだと気付いたのでしょう。

被害者ヅラは格好悪い

翻って、あなたは自分の家庭を壊す気があったのでしょうか?
そのことについて文面には全く書かれていないのでわかりません。
が、現状あなたは離婚したとも書いていないので、
あなた自身も家庭を壊してまでというところがあったのではありませんか?

だったらお互い様じゃないでしょうか?
自分だけが遊ばれた被害者ぶるのは正直格好悪いと思います。
あなたは間違いなく共犯者です。
不倫は不貞行為であり、婚姻関係にある人にとっては貞操義務に違反する行為です。
良くないとは思いますが、好きになったら仕方がありません。
私の場合はそのことを責めたりしませんが、
お互いの配偶者はそれを理由に慰謝料を請求したり、
離婚理由にすることもできます。
今回は一方がそのことに先に気が付いて、怖気付いたというだけの話です。

そんな彼を赦してあげませんか?
恋愛を男のせいにばかりするのは自立した女性の考えではありません。
相手のことばかり責めて、幸せを願えないのは若い女の恋愛と同じです。なんのために今まで年齢を重ねたのでしょうか?

見栄をはるのも年の功

きっとあなたは働いている姿が素敵な女性です。
だからどうぞ仕事に誇りを持ってください。
男のことで仕事が疎かになるなんて、それじゃ女が廃るではありませんか。
あなたはもう若い女ではなく、若い女の手本となる世代です。
格好付けて歯を食いしばりながら、笑って行きましょうよ。
見栄をはるのも年の功。
まだまだ素敵な男に言い寄られる年齢でしょ。

って、あ、私は不倫を推奨しているわけじゃないですよ。
ただ、恋はいくつになってもしたいじゃないですか。
だったら不幸を祈るようなブス顔よりも、歯を食いしばって笑いましょう。
そして一生懸命仕事をしているうちに彼を忘れると私は思います。

ニクヨさんにお悩みを相談したい女性(男性も!)はコチラからどうぞ。随時募集中です。

次回は<「男性に対して引け目を感じる」大切なのは自信をつけるよりも上機嫌でいること>です。
今回のお悩みは「自分に自信が持てず、男性に対しても引け目を感じてしまう」というもの。誰もが持つトラウマを乗り越えて前に進むにはどうしたらいいのでしょう?ニクヨさんがお答えします。

前後の連載記事