12人のイナセなわたしたち

「私は容姿でチヤホヤされない」24歳美容部員が男でなくメイクで人生を変えるまで

「全部変えてくれたのは、メイクなんですよ!」と涙ぐみながらも、美容部員としてメイクに携わる仕事に誇りを持つ24歳のさやこさん。彼女があらゆる女性をキレイにしたいと願う根底には、幼少期からの「女としての価値」に自信がなかったから。脚本家・舘そらみが本気なやつらにインタビューする本企画、今回は美容部員さやこさんに迫ります。

 普通と少し違う人生を走るアンダー25を追う「12人のイナセなわたしたち」
4人目にして今回は、「もう分かりすぎる!」と取材を忘れ大賛同してしまう女の子に出会った。

「12人のイナセなわたしたち」24歳美容部員さやこの画像

「美人っていいなー!!」と声にならない叫びをあげる全ての女性たちにおくる、24歳美容部員さやこの話。神奈川県のホルモン屋で、肉を焼きながら話を聞いた。

「12人のイナセなわたしたち」24歳美容部員さやこの画像

さやこ、24歳美容部員の場合

 自衛官の1人娘として生まれたさやこは、転校を繰り返しながら育った。「太平洋側が肌に合うんですよね」なんて発言の1つ1つが、知的な印象をくれる。
“いい子”で活発だったさやこが少しだけ生き方を変えられてしまったのは、田舎に転校した中学の時。目立つ子の陰口をたたきマウンティングしまくる女子たちの空気に馴染めなかった。はびこるスクールカーストに対して、頑張ることもできなかった。なぜなら転校先で突きつけられた認識があった。

「ニキビ持ちで、デブで、目も小さいし、とにかく自分のことをダサイと思ってたので、“おかしい!”なんて声はあげられなかったですよね」

「12人のイナセなわたしたち」24歳美容部員さやこの画像

“自分はチヤホヤされる容姿じゃない”。思春期に突きつけられるこの気づきは、全てを破壊すると言っても過言では無い。
それまでは家族に愛され近所に愛され、人間平等の精神でやってきたはずが、途端に認識させられる“自分は女として埋められないハンデを持って生まれてきたのだ”ということ。
頭の良かったさやこは、自分の外見に大きなコンプレックスを持ちつつ、スクールカーストでもがきまくる女子たちとは距離を置きながら思春期を走り抜けた。
容姿に自信のない少女が、女子たちと距離を置いたのちに拠り所にしたのは、男という存在だった。