12人のイナセなわたしたち

「私に悩みはない!」不自然なほどに言い切る23歳ヨガインストラクターの胸の内

「天職」なんて、いったいどれだけの人が見つけられるのだろう。脚本家・舘そらみが本気なやつらにインタビューする本連載。今回のお相手は「この職が天職」と言い切るヨガインストラクターのルカさん。天職を見つけられたラッキーガールかと思いきや、まだまだトライ&エラーの繰り返し。それなのに、笑い続けるのはなぜ? 明るく虚勢を張り続ける彼女の「本気」を見せてもらいました。

 普通と少し違う人生を走るアンダー25を追う「12人のイナセなわたしたち」、初回の新人漫画家ヤナは、笑っちゃうほどのストイックさで衝撃を与えてくれた。
続いて会いにいったのは、ヨガインストラクター・ルカちゃん23歳。

舘そらみヨガインストラクターインタビュー

 小麦色の肌に長い足、なんつったってノーブラで生活するほど自信に満ち溢れたお美しい方。
いい仕事をするために人並みならぬ努力をしていて……おいおいまたすごいやつかよ!って天を仰いだけど、でもやっぱり人間そんな単純じゃない。
「今、最高に楽しい」って言える人間のその奥には葛藤があると、人間の愛おしさを痛感した夜。

ルカ、23歳ヨガインストラクターの場合

「私、ハッピーオーラすごいからどんどん吸いとって!大丈夫、取られても尽きないから!いくらでもギブしたい!」

 

 出会った途端から放たれるカタカナ混じりのハイテンション会話。驚いて思わず伝えた「ハ、ハ、ハッピーオーラがすごいね」に対しての返答だった。その言葉の圧に、思わずタジタジとなる。

 

「「朝は5時に起きてジョギングして朝ヨガをするのね。寝る前には必ず瞑想をするかな。アユルベーダーの観点から、自分の体質に合う食べ物しか食べないように気をつけてる」

 満面の笑みで日々の生活を教えてくれる。その努力は圧巻だし秘訣を聞きたい気もするけれど、でもなぜかのっけから頭に入ってこない。

舘そらみヨガインストラクターインタビュー

「私、悩みとか無いんですよ。えっとね、悩むことは全然ない!」

 だって、あまりにも明るいんだもの。その明るさが人間離れしすぎてて、申し訳ないが心が数キロメートル離れた状態で取材は始まった。「何か、変な気がする」と感じながら。

私は祖母を母として育った
母親が2人居るなんてラッキー

 ルカちゃんは、西東京市出身の23歳。母親が17歳の時ルカちゃんは産まれた。中絶をしたいと母親は願ったが、「私が育てるから産みなさい」と祖母が説得し、宣言通り出産を機に祖母が母親となった。父親とは、会ったことはない。

「だから私にとっての親っていうのは、育ての親。つまりおばあちゃんとおじいちゃん。いつでも私のこと褒めてくれるし、ずっと応援してくれる存在」

祖父母と養子縁組をしたため、実の母親とは戸籍上姉妹になった。実の母親は全くルカちゃんの子育てには関わらず、自分の人生を謳歌した。
なんとまあ、ヘビーな生い立ちだ…苦労話が続くかと耳を傾けると、あっけらかんと返って来た。

「家庭の事情で嫌だと思ったことは一回も無いよー!逆に普通の人より家族が多くて母親も2人居て、ラッキー!みたいな感じ。2倍楽しめるもーん。」

 ホントかよ!と思わずツッコむ。ホントなのかよ!
全く辛くなかった?思春期も何も思わなかった?さみしいと思ったこと無いの?そんな質問を、投げ掛け続けた。
だって、あまりにも曇りない前向きさが、なんだかやっぱりどうも不自然だ。

舘そらみヨガインストラクターインタビュー

 出会ってから5時間の間、彼女はママ(産みの母親)への愚痴を一切言わなかった。でもお酒も入った5時間後、彼女はこう言った。

「そりゃずっと恨んでたし、今でも絶対彼女みたいにはなりたくないって思ってる。世界でいっちばん褒めてほしい人は、ママなんだけどね。

 何が家族が多くてラッキーだよ!本音は全然違うじゃん!あまりの差に口が開いてしまう。
そんな本音を口に出すには、5時間という時間とハイボールが必要だった。
本音が口に出るまでの5時間の間、一切の愚痴を言わず笑顔も絶やさず「私本当に幸せなの」と言い続けたルカちゃん。
この人、一体どういう人だろう。心の奥底が見たくてしょうがなくなった。