Loading...

「なんか仕事ないですかね?」お金稼ぎに執着する24歳ダンス講師が奮い立つ理由

 普通と少し違う人生を走るアンダー25を追う「12人のイナセなわたしたち」

3人目となるゆかりちゃんとは、夏真っ盛りの新宿で出会った。

舘そらみ本気な奴らインタビューダンスインストラクターゆかりちゃん

 アイドルのダンスレッスンを担当する24歳。振付されたダンスを、人前で披露できるレベルにまで引き上げる仕事だ。まずは、お仕事中のレッスンスタジオにお邪魔した。

今回レッスンにお邪魔したハッピーくるくるの2人は、朝から晩まで過酷なレッスンを重ねている。

ゆかり、24歳アイドルのダンス講師の場合

 お邪魔した小ぶりのスタジオは、私とカメラマンが入ったらもうギュウギュウ。そこでは、ゆかりちゃんの教え子であるアイドルユニット“ハッピーくるくる”の2人がノンストップで踊っている。

舘そらみ本気な奴らインタビューダンスインストラクターゆかりちゃん

「もっと真剣にやってくれない? 同じことを2度は絶対言わせないで」

 ゆかりちゃんからの厳しい言葉にひるむことなく「はい!」と笑顔で食らいつくアイドル。彼女たちのひたむきな姿があまりにも眩しくて、見てるこちらも思わず笑みを浮かべてしまう。

舘そらみ本気な奴らインタビューダンスインストラクターゆかりちゃん

 さてさて楽しくお話しようかしら、とゆかりちゃんご指定の昭和歌謡居酒屋に腰を落ち着けると、我々とは明らかに温度差があるゆかりちゃんからの猛アピールが待っていた。

「ちょっと、この企画書読んでもらっていいですか? これ絶対実行したいんですよ。てかなんか仕事ないですかね?」

 “恋愛を絡めたヒッチハイク企画”や、“芸能人に体当たりで結婚をせまる企画”など、自分をネタにした企画書がどんどん机に広げられる。

 「ひとまず乾杯させてくれよ! てか営業するなよ!」と、ツッコミを入れてもめげずに企画書を広げるゆかりちゃん。「分かったよ、なんか考えてみるよ!」とその気もない前向き発言を伝えると、ニコっと笑って乾杯につきあってくれた。
猛烈な盛り上がりを見せた飲み会の、空気よ伝われ。

踊り狂う少女が今求めるのは、金

舘そらみ本気な奴らインタビューダンスインストラクターゆかりちゃん

 神奈川県で育ったゆかりちゃんは3歳からバレエを始め、物心ついた時にはもうテレビに映るアイドルを真似して踊っていたという。

踊ることに意味なんてなくて、私にとって最高の暇つぶしだったんですよね。もう、暇さえあれば踊ってた。今も、暇さえあれば踊ってます」

 そんな、ダンス講師らしいエピソードに思わずほっこりする。でも実はゆかりちゃん、ダンス指導だけで生計を立てているわけではない。

「子役への演技指導もやりますし、女優業もやるし、WEBバラエティに出たりもしますね。お笑いライブのMCもやったり、あと自分で企画してイベントもしたり」

 「コラムも書きたいんですよね、なんかコラムの仕事ありません?」と気軽に言ってくるその感じが、あまりにも軽い。
どうしてそんなに色々やりたいの? と聞いてみた。

とにかくお金持ちになりたいんですよ。とにかくめっちゃお金を稼ぎたい

 は? お金持ち?
いやいやいや、芸能関係を目指す子は、もっと“○○って作品に出たい”とか“有名になりたい”とか夢語るんじゃないのかよ!

「有名になることって全然興味ないんですよ。有名だからってしょうもない人をたくさん見て来ましたし。ただ、とりあえずお金を稼ぎたいんですよね」

 ほお…とよく分からない相槌を入れてしまう。

舘そらみ本気な奴らインタビューダンスインストラクターゆかりちゃん

「誰かにお金かっさわれても大丈夫なくらい、お金稼ぎたいっすよ。私、絶対お金稼ぎたいんすよ」

 誰にもかっさわられないでしょ、と軽くツッコむと「いや、かっさわられますよ」と笑いながら答える。そして、「お金を稼ぎたいお金を稼ぎたい」と連発する。
そう、人の考え方には面白いほど幼少期が関係している。ゆかりちゃんのその発言にも、完全に幼い頃の影響があった。

前後の連載記事