12人のイナセなわたしたち

「歳とる前にマジ死にたい」セックス好きな20歳キャバ嬢が今を生きる意味

「私ね、セックスが好きなんですよ。ただ純粋にセックスが好き」と語った、キャバ嬢ミユちゃん。取材後3日間は落ち込んでしまうほど、彼女の生き方は人も世界も、そして自分を信じてない。自分に興味がない。「価値がある今だけ」をただセックスと酒で生きている。脚本家・舘そらみが本気なやつらにインタビューする本企画、今回はキャバ嬢ミユちゃんに迫ります。

「死ぬ理由がないから生きてるだけで、できるだけ早く死にたい」なんて言葉を、ハタチの子から放たれたことがあるだろうか。
今一番やりたいことは“色んな人とセックスをすること”と答える彼女と、2人っきりで飲み通した。

 普通と少し違う人生を走るアンダー25を追う「12人のイナセなわたしたち」、第5回は群馬県のキャバクラで働く20歳、ミユちゃんに話を聞いた。
 
 常識って、幸せって、なんだろう。私にとっても、試練の回になった。

「12人のイナセなわたしたち」20歳キャバクラ嬢みゆちゃんの画像

ミユ、20歳キャバ嬢の場合

 東京から新幹線で1時間弱。群馬県高崎市でミユちゃんと出会った。
キャバ嬢のイメージからは程遠く、そこに現れたのは大きいボーイッシュなTシャツにスニーカー、スッピンであどけない女の子。

「12人のイナセなわたしたち」20歳キャバクラ嬢みゆちゃんの画像

 きらびやかな夜の雰囲気はどこにも見当たらない。
人を待たせるのもお構いなしでチンタラとタバコを買い、途中のカフェでサンドウィッチを頬張る。
「マイペース…!」
出会って10分でバレる自由気ままさを、隠すそぶりもない。

「12人のイナセなわたしたち」20歳キャバクラ嬢みゆちゃんの画像

「人間関係はめんどいんで、人と仲良くなるのは好きじゃないっすね。友達も欲しいとか思ったことないですし」

 乾いた空気を全身にまとう子。そんな第一印象さながらに、ミユちゃんは10代を、1人で過ごしてきたという。

「周りに縛られるのはめんどいし、だから1人で知らない電車に乗って、駅でボーっとするのがすごい好きでした。学校では、もう「無」。ただただ机に突っ伏して寝続けてた」

 「人はめんどいし」とミユちゃんは繰り返す。そんな省エネ少女は、高校での毎日をこう語った。

「12人のイナセなわたしたち」20歳キャバクラ嬢みゆちゃんの画像

「高校生の時は、シフト制で一日3人とヤってましたね。朝1人夕方1人夜1人、みたいな。私ね、セックスが好きなんですよ

 一日に3人!?!? あまりにも途方もない数字に、「はい?」と素っ頓狂な声をあげてしまう。

「寂しいからセックスするとか、行為で満たされるから、とかそういうのじゃないですよ。そんなん求めてない。ただ純粋に、セックスが好きなんです

 純粋にセックスが好き…その言葉の威力に、クラクラする。そんなミユちゃんの毎日は、18歳でキャバ嬢を始めることでスパークする。

「12人のイナセなわたしたち」20歳キャバクラ嬢みゆちゃんの画像

「人に相談するのとかめんどいから、ムカつくこととかあると自分の感情を整理して自分で落ち着かせるんですね、いちいち騒ぐのとか疲れるし。だから、1人で生きる女に憧れます」

 1人で生きる女をイメージした時、一番理想的に思えたのがキャバ嬢だった。ミユちゃんは、高校卒業と同時に働き出した。