Loading...

悩んだり相談する時点でその恋は終わってる…35歳美人の妥協できない恋

 「色んな人の恋バナ聞きたい!」と街で女子をナンパして、5分後には酒を酌み交わすというこの企画。
新橋駅で出会ったまみこさん、35歳会社員。の後編をお送りします。
前編は<<4年付き合ったブサイクな彼に振られた・・・35歳美人最後の恋>>という内容でお届けしました。

好きな人とは、一回ヤッておきたい

poiboy Poiboy

 新橋の高架下の焼き鳥屋で、少しの恥じらいを持ちながら始まったこの宴。
出会ってから2時間が経過すると、好きなものを無遠慮にドンドンと注文し、お互いの思い出の中の男に容赦なくダメ出しし共感する様相を呈してくる。
そして勿論、下ネタ話にも花が咲く。でも女の下ネタは、下ネタという名の“どう愛されたいか”の話。

「好きな人とは、ヤリ逃げでもいいから一回ヤッとけば良かったって思うんだよね。一回は発情されたって思い出にしたい」

 たとえ実らず、その後音信不通になったとしても、いや音信不通になるからこそ、一回女になっておきたい。 「じゃあ二回目は?」という問いに、まみこさんはしばらく天井見つめ悩んだ末、絞り出してくれた。

「一回だけだとキレイな思い出になるけど、二回しちゃうと、相手に対して欲が生まれてくるから泣く泣く一回でストップする」

 こんなことを思っていたって、実際にそうできるわけではない。実際は、一回限りなんて関係にもならずに終わることの方が多い。でもできるならば、「女として」の自分として記憶に残りたいなって話。
簡単に一回ヤッただけの女が大した記憶に残らないのは分かっているけれど、でも、発情しなかった女よりは発情した女として、記憶に残りたい。かといってそれ以上しちゃうと、相手の狡さも自分のみじめさも見えてきて、「もっと大事にされたい」とか欲も出てきちゃうから、一回だけして、キレイな思い出にしたいという話。
そんな、乙女心。そんな、三十路たちの恋バナ。

初めてキープというものを知りました

 どんな話でも笑いながら軽やかに話してくれるまみこさん。でもそんなまみこさんが、とても言いたくなさそうな話があった。それは、先週のこと。

「キープされてたらしくて、先週捨てられた。キープって概念すらなかったからあまりにもびっくりしちゃってさ」

 相手は、数か月前に婚活パーティで出会った男。その人は、「ものすごいカッコよかった。昔の柏原崇みたい」な人で、数回デートに行った。しかしその後、「しばらく入院するけど、退院したらぜひ会って欲しい」というLINEが届く。
その10日後に、「治るまで待たせるのも悪いから、他の人を探してみていいよ。でも会えてよかったありがとう」という連絡…。この突然の変化に何が起こったか分からないまみこさんは、友人のチャラ男に相談した。チャラ男曰く、その男はまみこさんを“キープ”していたんだ、と。そしてもうキープする必要がなくなったから、終わらされたのだ、と。

キープなんてやっちゃいけないものだと思ってきたから、自分はしないように気を付けてた。それは、恋愛のルールとして相手に申し訳ないことだと思うから…だから、キープされてたと気づいたときは本当にびっくりした。恋愛ってホント、真面目がバカを見るよねって言いたい!

 今日の飲み会で一番と言えるくらい声を荒げるまみこさん。
一定期間キープをする局面は、恋愛ではきっとよくある。でも、まみこさんの辞書にそれはない。まみこさんにとっていつだって恋愛は、しっかりと向き合い段階を踏み、嘘のないものなのだろう。
≫記憶に残る恋をしよう≪

前後の連載記事