寝起きが悪い男性の理由って…

そういえばいつだったか、やはり寝起きの悪かった当時の恋人と同棲をしていた家に、彼の友人夫婦が遊びに来るという予定がありました。ところが約束の時間が迫っているというのに、恋人は寝ていて、何度声を掛けても「昨日遅かったんだから、もうちょっと寝ててもいいだろ」と、まったく起きようとしない。嫌になってしまって、「もー、知らね!」と思って放っておいたところ、友人が来る直前に目を覚まして「もうすぐ着く時間じゃん! わかってて、なんで起こしてくれなかったんだよ! ゆっくり準備してコーヒーくらい飲みたかったのに!」と罵られる始末。

起こしても怒鳴られ、起こさなくても怒鳴られるって、それなにハラスメント?って感じですけれども、寝起きの悪い人と一緒に暮らすのは、なかなかにハード。しかし、そもそも、なぜそんなに寝起きが悪いのかっていうと、もちろん生まれつきの人もいるでしょうが、普段の睡眠時間が圧倒的に足りていないこともあるわけで、「なんで男って寝起きが悪いわけ?」の理由は「男性の多くは労働環境がハードすぎる」ということではないかとも思うと、一概には責められない。とにもかくにも、一緒に住んでいる夫と息子のためにも、今夜も憎いあンちくしょうに優しく抱かれてたっぷり眠り、明日の寝起きを良くしたいと思います。

Text/大泉りか

前後の連載記事