• love
  • 2017.04.08

アラフォーだけど元カレの名前で検索します!なぜ年を取った女の欲望は許されないのか

いつの時代も、何歳になっても、かつてお付き合いをしていた元カレのことは意識してしまうもの。アラフォーになっても元カレのことを意識してしまうなんてみっともない…?なぜ年を重ねた女性が女としての欲望をあらわにすることは「痛い」と言われてしまうのか。今回はそんなお話です。

アラフォーが元カレを意識して何が悪い


アラフォー 元カレ 女
by Pexels

 雑誌『STORY』5月号 を買ってみました。局地的に話題になっている「元カレ特集」が目当てです。Amazonから届いて、さっそく箱を開き目にしたのは、表紙の「その服で元カレと会える?」という深淵な問いと、「バッタリ会っても慌てずに済むよう“清潔感と幸せ感のあるオシャレ”を磨いておこう」という煽り文。


 そもそもが、40歳にもなって元カレのことを気にしているだなんて、よほど未練たらしいか、もしくはおめでたいかのどちらかでしょう。けれど、わたしは未練たらしくおめでたい女なのです。Facebookでこっそりと名前を検索し、発見して「こんなふうになったんだ……」と懐かし甘苦い気持ちを味わったことがあるだなんて、誰にも言えずに来ましたが、「いい女の新基準」とまで言い切られては、堂々と出来るってもんです。そうです、わたしがFBで元カレの名前を検索しているオバサンです。

 それだけではありません。実は元カレが来る飲み会のために、服だって買ったこともある。だから正直なところ、完敗気分です。でも、女のプライドにかけても「ブスになった」なんて思われてたまるかって、思うじゃないですか。えっ、思わない? だとしたら羨ましいです。そのフラットな揺るぎなさ。

 元カレを意識してのオシャレには、2種類の思惑があると思います。ひとつには淡いトキメキを期待してのこと。やけぼっくいに火がつくことまでは求めずとも、「モテちゃった!」と甘い満足感くらいは味わってみたい気持ちからのおめかし。
もうひとつは、かつて好き合った相手に惨めに落ちぶれた姿を見せたくないという意地、もっといい女になったところを見せつけて後悔させたいという復讐心です。その両方とも、わたしの心の中にはいまだ渦巻いています。

 そんな煩悩を抱えていることは、世間一般的には、恥ずかしいことのようです。ツイッターでも「40代以上向けの雑誌でなに元カレとか言ってんの」という意見がちらほらと散見されました。39歳既婚者のわたしとしては、すみませんとしか言いようがないんですが、別に40代以上の女が元カレに思いを寄せてなにが悪いんだって話です。けれども、知っています。若い女性の中には、年を取った女性が色気づくことを「みっともない」と考える人が一定数いるってことを。

40代の欲望を許さない「よき母」


 あれは、わたしがまだ十代の頃でした。女友達と道玄坂のクラブで夜通し遊んで外に出ると、同じように一晩中遊び狂ったにもかかわらず、まだお祭り騒ぎの余韻を引きずったままの同年代の男女が大勢、朝日に照らされて何をするでもなくたむろっていました。ラーメンでも食べて帰ろうか。そんなことを話しながら歩いていると、女友達が道の向こう側にいる、やたらと美脚なホットパンツ姿の女性を指さしてこう言ったのです。
「あの人、たしか30歳だよ。すごくない?」
その頃のわたしがイメージしていた30歳というものは、すでに結婚していて、子供がいて、という像でした。もしくは、黒いパンツスーツでビシッとキメたキャリアウーマン。ベタすぎますが、若かったから仕方がない。実際に30歳の女性と知り合う機会など当時はなかったのです。

 だから、わたしたちと同じように浮つきまくった格好をして、クラブでオールしている30歳を見て驚いたのは確かです。けれども、ずいぶんとキレイな人だったこともあって、それ以上は特になにも思いませんでした。隣にいた友人が「30歳であれとか、ヤッバいよね」といかにもバカにしたように鼻を鳴らす姿を見て、「そうか、30歳であればヤバいと言われるのか」と知ると同時に、青春と呼ばれるものの短さを感じたのでした。

 それからも度々、女友達が年上の女を見て、同じような反応をする姿を目にしてきました。「オバサンなのにものすごく頑張ってて、おかしい」「オバサンなのに、わたしたちが着ているような服を着ていて痛い」「オバサンなのにセックスするなんて気持ち悪い」。
彼女たちはなぜ嫌悪感を剥き出しにするのか、ずっと疑問に思っていたのですが、ある時、二十代の女友達が四十代の女性を指して言った言葉でようやく納得が出来ました。
「あの人、うちのお母さんとほとんど年が変わらないのに、あんな感じなの、すごい嫌なんだけど」

 ようするにマザコンなのです。つつましい服装や節度ある行動を求めるのは、母の姿として、それが正しいものだから。元カレだのなんだのと生臭い欲望を放つのは、母の佇まいとしては正しくないこと。本来ならば、同性がいくつになっても好きなことをしている姿は希望にだってなるはずです。いつかは自分も年を取るのだから。けれども、嫌悪の対象にしかならないのは、「わたしの母は、よき母でないと困る」という子供目線の気持ちと、「欲望を捨てきれずに、よき母になれないのは困る」という自分への恐れなのではないでしょうか。けれども正しさを求めるのは、せめて自分と自分の母だけにして、よその女性が何をしようが放っておいてあげませんか。

 ずいぶんと元カレ問題から離れてしまいましたが、残念なことに、年を取れば欲望から解放されるなんてことはありません。だから、欲望をあらわにして「痛い」と言われるか、煩悩などないふうを装って周囲からはよく出来た人だと思われながらも、心の中では人を羨むか。そのどちらかなのです。

Text/大泉りか

次回は<赤ちゃんのオチンチンはみんな可愛いのに…大人のアソコとあの日の記憶>です。
3ヶ月前にお子さんを産んで育児に大忙しな大泉りかさん。育児中の癒しは、マイ・ベスト・フェイバリット・オチンチンこと息子さんの可愛いオチンチン!それにしても、赤ちゃんのオチンチンはどれも可愛いのに、大人のオチンチンが可愛くないのはなぜ?そこには、おそらく大泉さんの例に限らない、ペニスの記憶が関係していました。

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。
今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

「AM総研ver.2」全国の恋愛を大調査!!

〈2015年セフレがいた人は41.1%〉など、1,844人のアンケートから驚きの統計が明らかになった「AM総研」が帰ってきました! 本当の現代女性の性事情をとらえるため、みなさんの恋愛・セックスについて大規模アンケートを実施中です!

アンケートはこちら