アルテイシアの恋愛デスマッチ

「母の呪いを解く呪文は?」毒親育ちのレズビアンが婚活で最高のパートナーに出会うまで②

前回は、家族としてのパートナーを得るべく異性愛者の男性を狙って婚活した話をしてくれたIさん。今回は、結婚を目前にして抱いた、毒親育ちの自分に対する不安を吐露します。毒親という「魔女」の呪いを解く方法は。

頬に口づけしあう黒人母娘の画像
by Pixabay

「惚れた腫れたはいらない、家族がほしい」と婚活を始めて、最高のパートナーに出会ったIさん(27歳、会社員)
結婚を目前にして毒親育ちの自分に不安を抱き、カウンセリングに応募したのでした。

敵は己の罪悪感

相談メールによると、お母さんが毒親なのかな?

うちの母親がすごい泣くんですよ。私が思い通りのリアクションをしないと、最初はブチ切れて、それから「なんでママにそんなこと言うの…」と泣き出す。

顔合わせの時に卑下されたのは、どんな感じで?

「うちのはどこに出すのも恥ずかしいワガママな娘で、頭も悪いですし、何もできませんし…」とずっと言い続けて。

おお~それはウザいし、相手も引くよね。

相手の親御さんも引いてました。本人は「身内を下げて謙遜する自分は正しい」と思ってるけど、相手は気を使って「そんなことないですよ」って言うしかないし、会話にならないじゃないですか。

まったく。「自分は正しい」と独りよがりに信じているのが毒親だよね。「その後、母と初めて衝突した」と書いてるけど、今までは?

言われっ放しです。ヘタに言い返すと長引くとわかってるんで「言いたいだけ言わせて、噴火がおさまるのを待とう」って。噴火が一通り終わると「ママはあなたが可愛いから言ったのよ」みたいな。

おーテンプレ。

テンプレですね。「あなたの幸せを思って、キラキラ~」みたいな。あと母はすごく被害者意識の強い人で、かつ、私のことをたぶん女として見てるんですよ。

娘をライバルとして見てるやつ。

そう、なので私の方が若いことも気に入らないし、私が恋愛結婚することも気に入らない。母は親が決めた相手と見合い結婚したので。

「あなたの幸せを思って」と言いつつ「なんで私よりあんたの方が幸せなのよ?!」という怒りがある。母がそういう毒親だと昔から気づいてた?

うーん…やっぱり罪悪感があるじゃないですか。親に泣かれると罪悪感の方が大きくて、自分の中でうやむやにしてしまうというか。それで毒親に被害を受けたことを直視できないまま来てしまって。

敵は己の罪悪感だよね。子どもが親を毒親だと認めるのは本当に難しい。Iさんも感情に蓋をしてきたけど、その顔合わせをキッカケに蓋が開いたのかな。

そうですね。「あかん、もう無理!!!パカッ」みたいな。

それは「今なら蓋が開いても大丈夫」という思いが心の底にあったからかも。「パートナーに出会って、私はもう安全だ」みたいな。

たしかに…その顔合わせの後、パートナーの胸で2時間泣きました(笑)

ダサいTシャツがビシャビシャに(笑)

(笑)ビシャビシャになりつつ、彼はずっと話を聞いてくれて。そうやって受け止めてくれる場所ができたから、自分のブラックボックスに向き合えたのかもしれません。