SUPER LAZY WIFE ダラ嫁ウォーズ

“結婚”はあなたを救う奇跡ではない/ティナ助

先日ニュースで報道された悲惨な虐待死のニュース。虐待をする人間だって結婚して親になれるのに、結婚できない私って…?そんな悩みに対して、私たちが言えることは。

専業主婦をする女性の画像 by Scott Webb

 これから「結婚したい」と思っている人にとっては、ちょっと夢のない話になってしまうかもしれません。でもどうかスルーしないで聞いて欲しい。お願い、今日はダラ嫁に5分間だけ時間をください。(読むの早い人は3分で!)

 ここのところ毎日、TVやネットのニュースで報道されている5歳の女の子の虐待死事件。事件の全容のほんの一部が伝えられているだけかもしれないけど、それでもあの少女が短い生涯で経験したことはあまりにも壮絶で、「直視できない」「チャンネルを変えてしまう」という声が、私の周りでもとても多いです。うん、私も無理。目を逸らしたい。

 でも、あの子じゃない別の誰かが、私たちがあのニュースから目を逸らしている間も、あの子と同じような目に遭っている、という現実は必ずあるんですよね。そう思うと、目を逸らして考えないようにする方がもっと無理。私たちは誰一人、あの子を助けることができなかった。だって、あの子のことを知らなかったから。

 でも今はもう知ってるよね。子供を虐待してしまう親がいることと、虐待されている子供が今日もどこかにいるってことを。じゃあ、私たちにも何かできるはずじゃない?

専業主婦をする女性の画像

※今回の事件で児相へのお叱りのお電話が殺到して、業務に支障が出ている地域もあるようです。ご連絡する場合は冷静な配慮を。

 twitterやってる人はぜひこのタグもチェックしてみて欲しい!

#児童虐待問題に取り組まない議員を私は支持しません

 私は報道されていること以外、あの事件の夫婦については何も知りません。だから想像の域を出ないけど、そもそもなぜ妻の方は自分の娘を愛してくれない男と結婚してしまったのかな、最初は小手先の優しさとかに騙されて一緒になっちゃったとしても、途中で「アレ?」と気づいたときにどうして離れられなかったのかな、なんで訪ねてきた児相のスタッフを「自分の立場が危うくなるから」と追い返せたのかな?と考えてしまう。

 男の方は、そもそもなぜ父親になれる素質もないのに連れ子のいる女性と結婚したのかな、最初は自覚できてなかったとしても邪魔に感じたり最初に暴力を振るってしまった時点で、「あ、無理だ」と逃げ出すか、あるいは子どもを適切な場所に預けるなりできなかったのかな?と。いや、乱暴な言葉になっちゃうけど、ハッキリ言いますね。

 そもそも、なんでこんなクズが結婚できたの?