アルテイシアの恋愛デスマッチ

悩み解決のカギは「自分の声」を聴き分けること

結婚は単なる箱!肝心なのは「中身」。この中身をしっかりと考えていないと、デザインだけが良くて中身は空っぽ…そんなことが結婚には往々にしてあるのです。そこで、今回はアルテイシアさんが梅田蔦屋書店で開催した『女子限定!アルテイシアの大相談会&トークライブ』の総評内容をご紹介。自分の声を聴いてみましょう。

恋愛デスマッチ アルテイシア 女子限定!アルテイシアの大相談会&トークライブ
©Fausto Hernandez Photography

 先日、梅田蔦屋書店で『女子限定!アルテイシアの大相談会&トークライブ』を開催しました。
灼熱の中、遠方から来てくださった方も含めて、80名の方にご参加いただきました。

 取材に来られたAMの編集さんも「アルさんの読者は知的で素敵な女性ばかりですね!」と言っていましたが、皆さん本当に魅力的な方たちでした。
懇親会もすこぶる盛り上がり、蔦屋の担当さんも「ここまで参加者同士で盛り上がることはないですよ!」と仰っていました。

 さて。こちらのイベントで、相談に答える前に「総評」という形で話をしました。
その後のサイン会で「相談の手を挙げようと思っていたけど、最初の話を聞いてもう解決しました!」といった声をいただきました。
今回は、その総評で話した内容をシェアしたいと思います。

「結婚」は単なる箱、中身は「約50年の共同生活」

 事前に相談メールを募りましたが、「結婚できるか不安」という悩みを多数いただきました。

 それらを読んで、私はTwitterで以下のツイートをしました。

                     

「結婚」は単なる箱であり、中身は「約50年の共同生活」です。
けれども「あの箱を手に入れないと不幸になるんじゃ?」という不安のあまり、肝心の「中身」を考えられなくなっている人が多いと感じます。
箱を手に入れても、中にウンコがみっしり詰まっていたら、目もあてられません。

  「どんな中身がほしいのか?」を考えるのは、「自分はどんな人生を送りたいのか?」「自分にとっての幸せは何か?」「自分が本当にほしいものは何か?」を考えることであり、それをわかってないとグルグルと悩みます。

恋愛デスマッチ アルテイシア 
「Steel ball run (Vol.4)」著:荒木 飛呂彦

 自分の幸せを他人はジャッジできないし、他人にジャッジを委ねてはいけないもの。

 そもそも「妥協してでも結婚すべき?」という質問をする時点で「妥協して結婚したら後悔するかも」と思っているのであり、それが“自分の声”です。

 人は自分の声に従って行動した時は、たとえ失敗しても「自分で選んだ道だし」と納得できるもの。一方、他人の声に流されて失敗した時は、他人のせいにしてしまう。 

「『納得』は全てに優先するぜッ!」とジャイロ・ツェペリさんも言ってます。

 私の女友達は「妖怪襟六枚」という呼び名をもつ、ネルシャツを三枚重ねするアバンギャルドなファッションの夫と結婚しました。
襟六枚と彼女は大学時代に出会い、お互い初めての恋愛で、28歳の時に結婚しました。

 彼女いわく「私はもともと恋愛に興味が薄いし、アルみたいにいっぱい付き合ったうえで『この人だ!』と選んだわけじゃない。ただ旦那は一緒にいて楽だし、浮気もDVもギャンブルもしないし、マジメに働く人だから結婚を決めた」とのこと。

 これは妥協ではなく「納得」しているのです。なぜなら、自分の求めているものを満たしているから。

 就活でも「そこそこの給料と労働環境を満たしていればいい」と選ぶ人もいれば、「自分のやりたい仕事をしたい!それ以外したくない!」と選ぶ人もいます。
これはどっちが正しい・正しくないじゃなく、自分はどっちなのか?を知ることが大切。「自分はどういう状態だと満足するのか?」を深掘りすることで、ジャイロ・ツェペリさんの言う「納得」のいく選択ができるのでしょう。ニョホ。

「自分の声」と「他人の声」を聴き分ける

「やっぱり経済的に安定している相手が一番よ」「結婚しないと老後が孤独よ」「子どもを産まないと後悔するよ」…等など、他人の声(世間や周囲や親の意見)を刷り込まれて、自分の本当の声がわからなくなる人は多いもの。

 かくいう私も、自分の声と他人の声がごっちゃになっている時期がありました。

 二十代、ハイスペ彼氏と付き合っていた頃「三十越えると婚期を逃す、こんな条件のいい男は現われない、結婚しないと後悔する」と思って、ズルズルと別れられなかった。
今振り返ると、これらは他人の声でした。

 結局「無理して相手に合わせ続けるなんて無理!彼といる時の自分を好きじゃない!」という思いが爆発して、別れを選びました。こちらが本当の自分の声でした。

 人は「本当にしたいことをしなかった時」と「本当はしたくないことをした時」に後悔するもの。特に本当はしたくないことを選び、そのままズルズル続けていくと、高確率で不幸になります。
私もハイスペ彼氏と結婚していれば「箱を開けたらウンコみっしり地獄」だったでしょう。

 ウンコみっしり地獄に堕ちないために、自分の声に耳を澄ませてください。
「自分が納得していれば、他人がどう思おうがオッケー」と思えたら幸せだし、それが他人のモノサシじゃなく自分のモノサシで生きるということ。つまり、自分の人生を生きることだと思います。

 ハイスペ彼氏と別れた後、27歳の私は恋愛も仕事もうまくいかず、人生のどん底にいました。
その時「人生で一番ほしいものは何?」と己に問うと「…伴侶!」と眉間から稲妻が飛び出した。「おせんべいの片割れ=自分を削らなくてもピッタリ合うパートナーがほしい!」という声が轟いたのです。

 その後の婚活は少林寺三十六房ばりにハードで、「もはやこれまでか…グハッ」と吐血しつつ「まだ終わらんよ!」と立ち上がったのは、自分が本当にほしいものが明確だったから。
人は自分が本当にほしいもののためじゃないと、頑張れないのだと思います。