「三十代独身女はミジメだ」に惑わされない

ぱぷ:結婚したい・したくないよりも、「結婚してない女」として扱われることの恐怖が勝るのは、すごくわかります。

 私は、共に生きるパートナーがほしい、帰る場所が欲しいという願いはずっとあったけれど、制度上の結婚とか既婚者の肩書きが欲しいわけじゃない。ただ未婚のままだと、会社で普通に仕事してても、独身ってだけでハレモノ扱いされるという恐怖は感じたことがあります。

アル:ハレモノ扱いならまだマシで、露骨に言ってくる奴もいるしね。

ぱぷ:見た目を綺麗にしてれば「なんで綺麗なのに結婚できないの?」と言われ、ブスにしてれば「そんなんだから結婚できないんだ」と言われ……。

アル:「綺麗なのに」「ブスだから」って、どないせえちゅうねん(笑)

ぱぷ:しかも男性だったら言われないのにってことが、めちゃくちゃある。ほんとムカつく、殺すぞと思う(笑)。

アル:男は仕事さえしてれば許される部分が大きいから。

ぱぷ:男は仕事して稼いでれば、お金も自由もある独身貴族と呼ばれるのに、女はその五百倍くらい暴言を浴びせられる。

アル:美魔女批判とかもそうだよね。
オッサンがオシャレすればダンディだと褒められ、ジムに通えば自己管理ができていると評価される。
同じことを女がすると「いい年したオバサンが着飾って」「いつまで男に相手されたいんだ」と批判される。

ぱぷ:ちげーよ!べつに男のために身なりを整えているわけではない!自分のためだ!ほんとムカつく、殺すぞと思う(笑)

アル:もう殺していいと思うよ(笑)。それぐらいの心意気で毒をブロックしないと。
世間は「三十代独身女はミジメだ」と刷り込んでくるけど、コンプレックス商法に乗せられないことが大事。
世の中は結婚しなきゃダメだと言ってくるが、自分は本当に何がしたいのか?何をほしいのか?を考えないと。
ぱぷ:それが『オクテ女子~』の一番のテーマですよね。

アル:自分でほしいものがわかってないと、手に入れようがないから。
自分にとっての幸せは?本当にほしいものは何?何を捨てられて何は捨てられないのか?その優先順位は?を考えようっていう。

ぱぷ:不特定多数の言う「こうじゃなきゃダメ」に乗っちゃうと、歯車が狂う瞬間が必ず来る。
他人が作った価値観に乗っかって、幸せの定義を外注してるってことだから。

 キラキラと幸せに見られたくてアップするSNS上の自分と、本当の自分が乖離してしまう女子は多いです。

アル:SNSはキラキラした非日常という一部分を切り取るけど、結婚はリアルな日常が何十年も続くから。
Facebookに「記念日に夫と思い出のレストランで食事しました」と載せても「その後、牡蠣にあたってウンコを漏らしました」と載せることはない。でもそこを共有するのが夫だから、乖離するよね。

ぱぷ:どうしたってそうなると思います。
そして私のコラムもウンコという単語が頻出するので、そこも似ているな~と思いました(笑)

次回に続く!

併せて読みたい!
【 ぱぷりこさんコラム】
こうして女は恋愛妖怪になった…記憶を封印したくなる「恋愛黒歴史」前編
【 アルテイシアさん×一徹さん対談】
一徹さんの初体験は「道に落ちてたダッチワイフ」!?

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

Text/アルテイシア

 社内で付き合うのは、楽だけどめんどくさいですよね…。そんな方に向けて、楽だけどめんどくさくない!イイ男と出会う方法をご紹介します!

前後の連載記事