モテたい相手にどれだけ仕事の話をしていい?/AM編集部セルフお悩み相談

好きな人に仕事の話をする場合

出会う男性よりも、大抵自分のほうが面白い仕事をしていて、自分自身も仕事に誇りがあります。ただ、セオリーだと男性のプライドは大切にした方がいいというのをよく見かけるので、どういう対応がベストなのか悩んでいます。自分自身、好きになった男性を押しのけてまで自分の仕事の話をしたい訳ではないので、最初はほとんど話さないことが多いのですが、内緒にしている感じで関係性にも微妙にヒビが入るので、どんな表現がいいのか知りたいです。最終的にはモテる方向で何とかしたいです。(29歳のときの悩み)

金井の回答

人によるっちゃよるのですが、男性も意外とわかってないようでいて、相手の雰囲気を見ていることが多いです。「この人最初の方に話して以来、全然仕事の話振ってこないけど変だな」と思う時、既に相手が面白いやりがいのある仕事をしていることにうっすら気づいていて、少し傷ついてしまいそうなのであえて振らない的なことが多い気がします。恋愛対象に思ってるからこそという面もあるかもです。

ですので、そういう時はあえてちゃんと話さないと、と思わずに、流れに身を任せて「冤罪ってどう思う?」とか個人の考えがありそうな話を振れば仲自体は深まると思います。ただ、仕事の話が自然にできる人もいるのでそっちもおすすめです!

大川の回答

人付き合いで一定の配慮や気遣いは大切ですが、だからといって誇りをもって仕事をしていることに遠慮はいらないと思いますし、「微妙にヒビが入る」とおっしゃっているように、たとえモテたとしてもあなたの面白さが台無しになってるような気がしました!

世の中には「面白い」と断言できる仕事ばかりではないですし、「面白い」を見出す部分やそうではない部分に魅力を感じていたりと、基準は違って色々だと思うんです。だから相手にあわせて自分をひっこめるよりも、あなたが「面白い」と感じていることを伝えたりして、少しずつチューニング合わせてみてはどうでしょう。
「面白い」と感じることが違くても、重なる部分があって一緒にいる人たちもいるし、そんな白黒はっきりつけなくて大丈夫ですよ。

前後の連載記事